ジャパンネット銀行カードローンの口コミ・審査・在籍確認を徹底解説!

まず、はじめにお知らせがあります。

この記事を閲覧しようとしている人は、ジャパンネット銀行カードローンについて興味がある人かと思いますが、実は2018年5月の時点で、ジャパンネット銀行のカードローンは新規の申し込みが終了しました。
しかし、それはむしろ朗報です。

ジャパンネット銀行のローンは、
インターネット完結申込ができカードレスで利用可能
ネットキャッシングに生まれ変わったのです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、従来のカードローンと比べて、メリットが増えました。
ネット銀行ならではのインターネット完結申し込み手続きが簡単ですし、
ローンカードも発行されないので、ネット上でスマートにキャッシングができます。
また、家族に内緒でお金を借りたい人にとっては、借金がバレるリスクも少なくなったといえるでしょう。

口座を持っていなくても、ネットキャッシングの申し込みと同時に口座開設もできますので、現時点でジャパンネット銀行ユーザーではない人も申し込みができます。

さぁ、前置きはこれくらいにしましょう。
早速、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの口コミ審査在籍確認について徹底的に解説していきたいと思います。


ジャパンネット銀行バナー

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの10つのスペック①金利2.5%~18.0%
②初回の借入なら無利息期間30日間
③利用限度額は最高1000万円
④審査時間は最短翌日
⑤申し込みはネットで24時間いつでもok
⑥10万円以下の借入だと、最低返済額は3000円から
年会費、手数料が無料
⑧郵送物なし。ローンカード不要
アルバイトパートでも申込可能
⑩配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも利用可能
ジャパンネット銀行の公式サイトはコチラ↓
http://www.japannetbank.co.jp/


ジャパンネット銀行と他社のキャッシングと比較するのもコツ


ジャパンネット銀行のネットキャッシングにもたくさんメリットはありますが、キャッシングの利用を考えている人は、他のサービスとも比較してみることをオススメします。
今回、当サイトで比較対象に選んだのは、下の2つの消費者金融です。

①最短1時間融資可能 アコム
②業界最高ランクの低金利 J.Score(ジェイスコア)

3つのローンのスペックを、表にしてまとめてみました。
スマホの人は、横にスクロールしてくださいね。

金融機関金利融資時間その他サービス
アコム年利3.0%~18.0%最短1時間融資・初回借入日から
30日間利息0円
J.Score(ジェイスコア)年利0.8%~12.0%最短即日融資・ローンカードが発行されない
ジャパンネット銀行年利2.5%~18.0%最短翌日融資・初回借入日から
30日間利息0円
・ローンカードが発行されない
・専業主婦でも申込可

アコム融資スピードを優先したいユーザーに向いています。
申し込みから借り入れまで、最短1時間で可能です。
また、全国の自動契約機(むじんくん)でも借り入れができ、夜22時まで営業しているので、夜でも借り入れが可能です。
※営業時間は店舗によって異なります。

J.Score(ジェイスコア)は、金利を重視したいユーザー向けの消費者金融です。
消費者金融はもちろん、銀行カードローンを上回る年0.8%~12.0%というありえないレベルの低金利を実現しています。

上記2社と比較すると、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、サービスが充実していることが挙げられます。
初回の利用で30日間利息が0円になるキャッシングは良く耳にしますが、ローンカードを発行しないというメリットもあります。
サービスに関しては、アコムとJ.Score(ジェイスコア)のメリットを併せ持っていると言っても良いでしょう。
以上のことから、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、キャッシングが初心者向きのローンと言えると思います。

キャッシングを利用するにおいて、他社との比較が重要な点がお分かりいただけましたでしょうか。
目的や用途に合わせて、自分にピッタリのキャッシングを選びましょうね。

下に、アコムとJ.Score(ジェイスコア)の公式サイトのリンクを用意したので、気になる人は見てみてくださいね。

アコムの最短1時間融資が気になる人はこちらをクリック

J.Score(ジェイスコア)の業界最高ランクの低金利気になる人はこちらをクリック

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンは「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」に!


繰り返しますが、ジャパンネット銀行の「カードローン」は新規の受付を終了しております。
そして、2018年5月現在、ジャパンネット銀行の個人向けのローンは「ジャパンネット銀行ネットキャッシング」というサービスに進化しました

一体どのような点が進化したのでしょうか。下に表を作ったのでまとめてみました。

【カードローンよりも進化した3つのポイント!】
①インターネット完結で申し込みができるようになった
……必要書類もスマホの写真をアップロードすれば提出できるので、書類の郵送など煩わしいステップが無いのです。
一度契約すれば、ネットで簡単に借り入れができます。

②ローンカードの発行がされない
……ネット上でスマートに借入可能。
郵便物もないので、郵便物で家族にローンがバレたくない人も安心して利用ができます。

③ジャパンネット銀行のキャッシュカードでATMで借入可能
……ローンカードは発行されないが、銀行のカードで借入可能にすることを実現。
ATMで借入可能の機能はそのままに。

このように、従来のジャパンネット銀行のカードローンよりも、進化したキャッシングが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングなのです。
未だにローンカードを発行する消費者金融や銀行のカードローンが多い中、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、ネット銀行ならではのメリットを活かした商品に生まれ変わりました。

これからの時代は、カードレスキャッシングが主流になっていくことでしょう。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、その最前線に立とうとしている、というわけなのです。

余談ですが、ジャパンネット銀行には「借り入れおまとめローン」という商品がありましたが、こちらも残念ながら現在は申し込みを終了しています。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンの審査を受けられるのはどんな人?


手軽にインターネット完結で申し込みができるジャパンネット銀行ネットキャッシングを利用したい。
けれど、銀行カードローンの審査は厳しそう……と、初めから諦めてしまっている人はいませんか?

すぐに諦めてしまう前に、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申し込み条件について見ていきましょう。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申し込み条件は?

ジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込みができるのは以下のとおりです。

【ネットキャッシングの申込条件】
・20歳以上70歳未満
・仕事をしていて安定収入がある
・保証会社の保証を受けられる
・ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている

申し込み条件を見る限りでは、他の消費者金融や銀行カードローンと同じです。
申し込みの段階では、比較的幅広い人が申し込みできると言えるでしょう。

また、申し込み条件に、「仕事をしていて安定収入がある」とありますが、パート・アルバイトでも申込み可能です。
更には、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも借りることができるので、これは専業主婦にとっては朗報です。

また、ジャパンネット銀行の保証会社は、カードローンの「プロミス」を扱うSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。
つまり、プロミスのキャッシングで返済の延滞などの情報が保証会社の情報に残っていると、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査には通らないことになります。
過去にプロミスを利用したことがある人は注意してください。

ちなみに、保証会社が同じでも、キャッシングの業社ごとに審査基準は異なるので、プロミスとジャパンネット銀行の審査基準は異なります。

では、プロミス以外の金融機関で借り入れをして延滞した場合、審査に通るのでしょうか?

結論から言えば、こちらのケースも、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査が通らない可能性が高いです。

ジャパンネット銀行は、信用情報機関を通して、顧客の延滞情報を入手することができます。
どこかの金融機関で延滞していれば『この顧客は返済能力がない』と見做されることになるので注意しましょう。

申込の際に必要な書類は?


ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申し込みには、本人確認書類が必要です。

【申込に必要な本人確認書類一覧】
・運転免許証
・カード型健康保険証
・個人番号カード

※運転免許証と保険証は表裏の両面、個人番号カードは表面のみ必要です。

また、借入金額によっては収入証明書が必要なことがあります。収入証明書が必要だと言われたら、以下の書類を用意しましょう。

【利用できる収入証明書】
・源泉徴収票
・前年の年収が分かる給与明細書(直近2か月分と1年以内の賞与の明細書)
・住民税課税通知書

収入証明書の提出方法には、画像アップロードと郵送があります。
画像アップロードの場合には、専用画面にログインしたあと、撮影した書類の画像をアップロードするだけなので簡単ですよ。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?


つづきまして、ジャパンネット銀行の審査について検証していきましょう。
銀行のキャッシングの審査は消費者金融よりも厳しいとは言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査は厳しい?


先ほど申し込み条件でも見て頂いた通り、ジャパンネット銀行ネットキャッシングには、さほど厳しい申し込み条件は設けられていません。
この条件は、一般的な銀行や信販会社、消費者金融の申し込み条件とほぼ変わらないと言えるのではないでしょうか。

また、繰り返しにはなりますが、雇用形態の条件なども書かれていないため、パートやアルバイ方、自営業の人でも申し込みができます。
配偶者に安定した収入があれば、専業主婦でも申込可能です。

こう見ていくとジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査の申し込み基準は決して厳しくは無いのですが、審査自体はしっかりと行われます。
申し込み者が借りたお金を延滞していないか、多くの金融機関から借金をしていないか……といった点に関しては、どこの機関でもそれなりに「厳しく」チェックされます。

ブラックの方にも貸してくれるような甘い審査はあり得ない!


もし、これを読んでいるあなたが、
他社で支払いの延滞をしていたり、多重債務者にも容易にお金を貸してくれるような「甘さ」を求めているなら、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査に通るのは諦めたほうが良いでしょう。

このようないわゆる「ブラック」の方は、正規の金融機関ではなかなかお金が借りられないもの。
ジャパンネット銀行ネットキャッシングも、ブラックの方でも審査に通るような甘い審査ではありません。
だからといって闇金のような違法業者から借りてしまうのは絶対にやめてくださいね。

とはいえジャパンネット銀行ネットキャッシングは身構えるほどの厳重な審査なのかと言われると、それも少し違います。
真面目に働いていて、他社のカードローンやクレジットカード、携帯料金などを延滞せずしっかり払っていれば審査に通ることができるでしょう。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンの審査時間は?


2018年1月から、銀行カードローンに限り、即日審査や即日融資ができなくなりました。
ジャパンネット銀行でも同様で、即日融資はできません
それでは一体、どの程度時間がかかるものなのでしょうか。

ある程度の審査時間を考慮して申し込みを!


ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査も即日審査ではなく、審査結果返答は最短翌営業日以降となります。
審査状況によっても、かかる審査時間は多少変わってくるでしょう。
返答は基本的に平日の営業時間に行われますから、土日祝日を挟んでしまうと時間がかかってしまいます
さらに口座開設も同時に行う人も、すでに口座を持っている人と比較して、審査に時間がかかります。

ちなみに、冒頭でも比較しましたが、大手消費者金融のアコムであれば、最短1時間融資なので、ジャパンネット銀行よりも早く融資を受けることができます。
スピード重視の人には、アコムも借入先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

アコムの最短1時間融資が気になる人はこちらをクリック

ジャパンネット銀行カードローンの審査時間が早い人ってどんな人?


ジャパンネット銀行ネットキャッシングを申し込んだ方の中には、「審査が遅い、利用できるまでに時間がかかる」という声もあります。
ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査が遅いと言っている方のほとんどが、ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っていなかった人のようです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング申し込みと同時に口座開設をした場合には、審査だけでなく、口座開設も行うので、その分、時間がかかりますね。
また、口座開設が完了しても、借り入れを開始する前に初期設定の手続きをする必要があります。
そのため、審査に通ってからも融資を受けるまでに少し時間がかかるのでしょう。

一方で、もともとジャパンネット銀行口座を持っていた方からは、スムーズに利用が開始できたという声が多いです。
ジャパンネット銀行で口座開設をしている人は、審査時間および融資時間が早くなるのです。

ジャパンネット銀行カードローンの口座開設はアプリで簡単。審査と並行して行います


先ほど申し上げたように、ジャパンネット銀行の口座を持っていない人は、申し込みと同時に口座開設を行わなくてはなりません。
とはいえ、ジャパンネット銀行のネットキャッシングの口座開設の方法はアプリでできるので簡単です。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの「口座開設アプリ」を使うことにより、申し込みと本人確認書類の提出を一緒に行うことができます。
本人確認書類の提出が必要ですが、スマホの写真アップロードで簡単に行うことができます。
口座開設アプリで利用できる本人確認書類を下にまとめました。

【口座開設に必要な本人確認書類一覧】
・運転免許証
・カード型健康保険証
・個人番号カード

※運転免許証と保険証は表裏の両面、個人番号カードは表面のみ必要です。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンの口コミは?


ジャパンネット銀行ネットキャッシングに申し込みをしたいけれど、やはり公式サイトの情報だけでなく実際に使った方の声も聞いてみたいというのが本音かもしれませんね。

そこでこちらでは、実際に利用した方の口コミを見ていくことにしましょう。

家族バレしたくなかったので選びました(20代正社員男性からの口コミ)

 


ギャンブルや付き合いの飲み会で、金欠になることが多々ありました。そんな時のためにカードローンを利用したいと思っていたのですが、自動契約機とかに行くのが面倒だし、家に何か送られてきて親にバレるのが嫌でなかなか踏み出せずにいました。
そんなときに、たまたま知ったのがジャパンネット銀行のネットキャッシング。ジャパンネット銀行に口座を持っていましたが、カードローンのようなものがあるのはあまり知りませんでした。
ネットキャッシングならローンカードとかの郵送物が家に届くことが無いらしく、しかもネットから申し込みができるということで、手軽さから利用することに。時間がかかるのは覚悟していましたが、そうでもありませんでした。
実際に、お金のピンチの時に便利に利用させてもらっています。申し込みがラクでバレずにキャッシングしたい方には、これはおすすめだと思いました。

 

口座開設も面倒じゃありませんでした(30代会社員女性からの口コミ)

 


ネットで手軽にお金が借りられるってことで、便利そうだなと思いジャパンネット銀行のネットキャッシングが気になっていました。でも一つ面倒なことに、私は口座を持っていませんでした。口座が無いと利用できないということで迷ったのですが、公式サイトで調べたら口座開設用のアプリもあるらしく、挑戦してみようかな……と思いました。
本人確認書類もアプリで送ればよいし、実店舗のある銀行のように店舗に足を運ばなくても、ネットだけで口座開設できたので面倒ではありませんでした。やっぱり、ネット銀行は手軽でいいですね。
審査も無事に通り、借り入れができることになりました。借り入れはアプリからさっと振り込むだけなので、本当に簡単です。手軽なので、使いすぎないように気をつけなくちゃ……と思っています。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行ネットキャッシングの2chでの評判はどうなの?


2ch(5ch)といえば、公式サイトでは知り得ないような噂や評判などを知ることができますよね。
なかには嘘の情報も混ざっているかもしれませんが、参考になる情報もたくさんあります。

5chで調べたところ、ジャパンネット銀行の情報もたくさん出て来ました。カードローンに申し込みをしたという書き込みや、トークンに関する情報などを見つけることができました。

ジャパンネット銀行に関する書き込みは好意的なものが多いようでした。
サービスに関するかなり具体的な質問やそれに関する経験者の返答などを見ることができるため、見てみると何かの参考になるかもしれませんね!

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンは職場に在籍確認の電話があるの?


審査の過程で憂鬱なのが、職場への在籍確認ではないでしょうか。在籍確認はほとんどの金融機関で、申し込みの際に記入した勤務先に担当者が直接電話をかけるという形で行われます。

もしかしたら、これを読んで在籍確認について初めて知ったという人もいるかもしれませんね。
「えっ、職場に電話されるの?それはちょっと……」と、在籍確認を不安に思う人がほとんどです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査でも、在籍確認は職場への電話連絡という形で行われます

ジャパンネット銀行カードローンの在籍確認が嫌で申し込みを躊躇するのはもったいない!

ジャパンネット銀行ネットキャッシングも職場に在籍確認の電話が行くなら、やっぱり申し込みをやめようかな。
このように思った人はいませんか?

でも、ちょっと待ってください!
在籍確認はプライバシーが守られるようにしっかり配慮したうえで行われますから、そんなに恐れることはありません。

電話をするといっても、「ジャパンネット銀行ですが、カードローンの審査の件でお電話しました」などという言い方はしませんので安心してくださいね。
ローンの申し込みだということはバレないような配慮がされますから、電話を取った方にお金を借りることがバレるようなことはありません。

ちなみに、派遣社員の場合は、派遣元に電話がかかってきます。
在籍確認でどこに電話がかかってくるかは、事前にジャパンネット銀行に確認してみましょう。

在籍確認ってすぐ終わるの?


在籍確認って何を話すんだろう。
職場でみんながいる前で、ローンの話をするなんて……と不安になる人もいるかもしれませんね。
でも大丈夫です。

通常、在籍確認では、本人と電話がつながった場合は簡単な本人確認をして完了になります。
フルネームや生年月日を聞かれるくらいです。

時間にしたら20~30秒程度で終わってしまうはずです。
えっ、これで終わり?そんなに悩む必要無かったかも!と思うことでしょう。

自分が電話に出なきゃいけないの?

常に職場にいるなら問題ないと思いますが、中には営業などで外回りが多い人、現場に常に出ている人、平日がお休みの人などもいるでしょう。
自分がいない日に電話がかかって来ちゃったらどうしよう、と不安ですよね。

しかし、ジャパンネット銀行の在籍確認は、本人が電話に出なくても在籍の確認がとれれば完了となります。
電話を取った人が

○○は外回り中です
○○は今席を外しております
○○は本日休みを取っております

などと返答し、在籍していることが確実に分かれば、これで在籍確認が取れたことになります。

ただし、職場の事情でどうしても電話での在籍確認が難しい方は、ジャパンネット銀行に事前に問い合わせをしておきましょう。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る


ジャパンネット銀行カードローンの審査に落ちた方がチェックすべきこと


自信があったのに、ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査に落ちてしまった……という人もいるかもしれませんね。
今後再チャレンジするときのことも考えて、何がいけなかったのかチェックしておきましょう。

審査ではここをチェックされる!

カードローンの審査では、何がチェックされるのか、確認しましょう。
一般的なローンの審査では、勤務先や年収、家族構成、居住形態などの「属性」と、これまでの借金の申し込みや利用、返済などの情報が記録されている「信用情報(クレジットヒストリー)」などがチェックされます。

そして、審査に落ちてしまったということは、申し込み者の信用情報に問題があるということになります。

もちろん、勤務先の規模の大きさや勤続年数、年収などが上であればあるほど、審査には有利になるのですが、ジャパンネット銀行ではアルバイトやパートでも申し込みができるので、あまり気にしなくて良いと思います。
10万円以上の最低限の収入があれば、属性面はクリアしていると考えて大丈夫です。

属性よりも、審査の際に重要視されるのは信用情報です。
審査の際には、信用情報に事故情報が掲載されていないかどうかをチェックされます。
事故情報とは、具体的には以下のような情報です。

【こんな人はキャッシング審査に落ちる!】
・返済の延滞(キャッシングや携帯料金など)
・債務整理(自己破産、任意整理、個人再生のこと)
・多重債務(借金の件数)
・クレジットカードやカードローンの申し込み状況(短期間に複数申し込んでいると印象が悪くなる)

これらに問題があると、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態とみなされてしまうでしょう。
ブラックになると、キャッシングの審査には通りません。

ブラックリストはいつ消える?消えたかどうか確認するには?

カードローンやクレジットカードの支払いを延滞してしまった時、債務整理をした時などには、信用情報にキズがついてしまいます。
キズが付いているということは、まさに「ブラックリストに載っている状態」です。
ブラックリストに乗っている状態では、ほとんどの機関でお金をかりることはできません。

しかし、諦めるのはまだ早いです。
信用情報は、一定期間が経つと回復します。

支払いの延滞や任意整理をした場合には5年程度、
自己破産をした場合には10年程度、信用情報が回復しないと言われています。

ただし、異動がいつ消えるかというのは、金融機関や信用情報機関によって異なりますから、一概には言えません。
自分の信用情報の回復を確認するためには、信用情報機関に情報開示請求をするのが良いでしょう。

日本にはCIC、JICC、JBAという3つの信用情報機関があります。
どの信用情報機関の情報を確認して審査がされるかは、金融機関によって異なります。

複数借金をしている人は全てに関して情報開示請求をしてもいいでしょう。
3つ情報開示請求をしても、手数料などは数千円で済みます。



ジャパンネット銀行ネットキャッシングの口コミや審査、在籍確認について徹底解説してきました。
ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査は特別厳しいものではありません。しかし、延滞があったり他社での借金が多かったりする場合には審査に落ちてしまう可能性があります。
ジャパンネット銀行ネットキャッシングの在籍確認は会社への電話連絡ですが、ローンの審査の電話だということが分からない配慮をしてもらえますから、安心してくださいね。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの目次に戻る



ジャパンネット銀行ネットキャッシングについて詳細に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ジャパンネット銀行カードローンの審査について、もっと知りたい、という人は以下の記事でも紹介しているので、もし良かったら参考にして頂ければ幸いです。





※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒で振込み可能
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時まで)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です