個人間融資掲示板LINE(ライン)を利用する人が増えていますが、その口コミ評判は?

カードローンの審査基準、在籍確認を徹底解説 | 本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシング!

カードローンの審査基準、在籍確認について気になりませんか。当サイトの情報を参考にして本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシングしちゃいましょう!

個人間融資掲示板LINE(ライン)を利用する人が増えていますが、その口コミ評判は?

読了までの目安時間:約 14分

 

個人間融資掲示板の代わりにLINE(ライン)を使って個人的に融資をしてもらう人が増加傾向にあり!

個人間融資掲示板LINE(ライン)を利用する人が増えていますが、その口コミ評判は?
お金を借りるとなると、普通は消費者金融や銀行のローンサービスを使う方が多いかと思われます。

ですが、消費者金融・銀行のローンサービスを利用するとなると、審査をうける必要があるので、躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、消費者金融・銀行を利用する事自体に対して、不安を感じているという方も多いと推察します。

そういった人が増加傾向にある中、スマートフォンの交流アプリを使って個人間融資をしているという人が増加傾向にあるのです。

中でも交流アプリとして多くの方が利用しているLINE(ライン)を通して個人間融資が広がっております。

インターネットが普及し始めたころは個人間融資といえば掲示板で募集したり応募したりというのが一般的でした。

それが、近年ではスマートフォンが普及したため、LINE(ライン)を通じて話し合いが行われるようになったのです。

消費者金融・銀行を利用するのが不安な方、審査に通過できないんじゃないかと感じている方、審査に落ちてしまったといった方など。

そういった不安をお持ちの方に向けてお金を貸したいという方が、LINE(ライン)を通じて個人間融資をしているのです。

ですが、個人間融資というのは返済などを巡り、トラブルになることもあります。

契約した時の金利以上の支払いを強制されたり、返済出来ない人物を犯罪行為に巻き込むといったケースなどもあります。

そのため、消費者金融などを利用するよりもリスクが大きいため、個人間融資を利用するのは慎重な態度が求められます。

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは多数の利用者を支えてきた実績を持っている会社ですので、利用するうえでリスクなどはありません。

審査に対して不安をお持ちの方が多いようですが、「安定した収入がある」というプロミスの利用条件を満たしていれば審査に通過することができます。

個人間融資よりも安全で尚且つ便利に借りることができますので、お金を借りたいのでしたらプロミスを利用してみてはいかがでしょうか。

promise-btn

個人間融資掲示板としてLINE(ライン)を使っている人の口コミ、評判は?

個人間融資掲示板としてLINE(ライン)を使っている人の口コミ、評判は?
個人間融資を掲示板やLINE(ライン)を使って利用している方の口コミや評判についてこちらではまとめました。

個人間融資という言葉はまだ一般的に浸透しているわけではないので、当記事を読んで初めて知ったという方もいらっしゃるでしょう。

また、個人間融資を利用しようか迷っているという方もいらっしゃるかと思われます。

実際にLINE(ライン)や掲示板を使って個人間融資を使っている人々の口コミ・評判は何よりも参考になるかと思われますので、ぜひご参考にしてください。

「思ったよりもきちんと審査しているようで、借りることができなかった」

実は個人間融資でも、貸す側の人が独自に審査を行っており、その審査に通過する必要があるケースが多いのです。

プロミスといったキャッシングサービスと比べると、審査基準が異なるため審査に通過できないこともあります。

プロミスの場合、利用条件である「20歳以上で安定した収入がある」という点が満たせていれば審査に通過することが可能です。

ですが、個人間融資の場合は収入はもちろん、「人柄」という点に重きが置かれていることが多くなっております。

収入の安定性が取れていても、貸す側に「人柄」を認めてもらえないと審査に通過することができません。

どのような「人柄」がいいのかは個人によって意見が分かれますので、断定することはできませんが、貸す側に対して誠意をもって接することが求められるのでしょう。

プロミスでしたら書類の提出をすれば、あとはプロミス側が審査を進行してくれますので、特に「人柄」をアピールしなくてもいいので負担がかからないといえます。

promise-btn

「ブラック認定されていて消費者金融では借りられなかったから、お金を貸してもらって助かった」

キャッシング業界では返済能力が無い人物のことを「ブラック」と呼んでいます。

ブラックには延滞を繰り返した「延滞ブラック」、複数の会社に同時に申し込んだ「申込みブラック」、そして債務整理を行った方などがブラックと呼ばれます。

上記の口コミの方がどのブラックかはわかりませんが、ブラックの方はキャッシング会社の審査に通常では通過できません。

ですが、個人間融資はお金を貸す側が利用を認めることもありますので、ブラックの方でもお金を借りるチャンスがあるのです。

そのため、ブラックと認定されている方がLINE(ライン)などによる個人間融資を利用する傾向が強くなっております。

ただ、ブラックの方はすでにキャッシング会社から借りられないため、万が一にでも個人間融資の返済が出来なくなりますともう後がありません。

返済が滞れば最悪、裁判沙汰にもなりかねませんので、ブラックのまま個人間融資を利用するのは大変危険です。

ブラックになると一生その情報が消えないと誤解している方が多いのですが、そんなことはありません。

申込みブラックの履歴は6ヶ月、延滞ブラック・債務整理の履歴は5年経てば消去されます。

ブラックの履歴が消去されていれば再度プロミスなどキャッシングサービスに申し込みが可能です。

現時点でブラック認定されていてお金が借りられないという方は、とりあえずお金を借りることは控え、ブラックの履歴が消えた段階でプロミスに申し込んだ方がよろしいでしょう。

promise-btn

「金利以外にも手数料なんかを取られて出費が多かった気がする」

一般的に、個人間融資の借入・返済に関しては指定した銀行口座への振り込みで行われることが多いです。

そのため、利息の負担の他に振り込み手数料の負担なども重なるため、出費が多くなります。

お金を貸してもらう際の振り込み手数料についても利用者が負担することになるので、色々と出費が発生するのです。

振り込み手数料だけでしたらまだいいのですが、中には手数料目的の詐欺行為などもあります。

LINE(ライン)による話し合いの中で、「10万円貸すかわりに、保証金や手数料として10,000円を振り込んでください」といったような説明が行われることがあります。

融資を希望した人が10,000円を指定された口座に振り込んだ途端、LINEのIDなどが全て消去され、10万円を融資することなく姿をくらましてしまうのです。

個人間融資を希望している方の中には切羽詰まった状況にある方もいるため、そういった事情に漬け込んで詐欺を働くような人物もいるのでリスクがあります。

お金を借りるのでしたら、やはり安全性の強いSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを利用しましょう。

プロミスのインターネット借入・返済は手数料無料ですので、余計な出費が無くてお得ですので、ぜひご利用をご検討ください。

promise-btn

LINE(ライン)の他にもカカオトーク(KakaoTalk)やフェイスブック(facebook)やミクシィ(mixi)で個人間融資を利用している人もいますが、果たして安全なのでしょうか?

LINE(ライン)の他にもカカオトーク(KakaoTalk)やフェイスブック(facebook)やミクシィ(mixi)で個人間融資を利用している人もいますが、果たして安全なのでしょうか?
LINE(ライン)の他にもカカオトーク(Kakao Talk)やフェイスブック(facebook)やミクシィ(mixi)といったSNSで個人間融資のやり取りをしているケースもみられます。

先ほども説明しましたように、LINE(ライン)のやり取りですと詐欺行為などもありますが、SNSでしたら安全に利用できたりするのでしょうか。

結論から申し上げますと、カカオトーク(Kakao Talk)、フェイスブック(facebook)、ミクシィ(mixi)における個人間融資も100%安全とはいえません。

実際に個人間融資のやり取りをするのは、掲示板や個人間チャットなどで行われますので、特に安全性が保証されているわけではないのです。

そのため、LINE(ライン)と同じく、詐欺行為などが行われるリスクは十分あります。

LINE(ライン)、カカオトーク(Kakao Talk)、フェイスブック(facebook)、ミクシィ(mixi)は基本的には相手の素性はプロフィール画面などからしかつかむことができません。

そのため、善良な金融業者になりすまして、闇金業者がいたりすることもありえます。

また、いずれのサービスも個人間融資を奨励したりはしておりませんので、実際に詐欺被害にあっても「自己責任」とされ、補償を受けたりすることはできないでしょう。

つまり、後ろ盾がない状態で闇金業者の被害に遭う可能性もあり、大変危険です。

LINEや各SNSサイトでの個人間融資はリスクを伴いますので、お金を借りるのは安全性が確立されているプロミスを利用することをお勧めします。

promise-btn

個人間融資や良く知らない中小の消費者金融に申込みをするのなら消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用する選択肢もあり!

個人間融資や良く知らない中小の消費者金融に申込みをするのなら消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用する選択肢もあり!
自分が審査に通過できないんじゃないか、ブラックなんじゃないかという考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われます。

確かに、利用条件を満たしていなかったりブラックだったりしますとプロミスなどの審査に通過することはできません。

だからといって個人間融資や「ブラックOK」なんて宣伝をしている中小の消費者金融などを利用すると、詐欺行為の被害にあうこともあります。

そういったリスクを伴いますので、利用条件を満たしたうえでプロミスに申し込む方が賢明といえるでしょう。

promise-btn

安全性はもちろんですが、プロミスの方が個人間融資よりサービス面においても充実しております。

個人間融資というのは取引がスムーズに済めば即日で借り入れをすることも可能ですが、取引内容によっては手続きに時間がかかることが多いです。

一方、プロミスでしたらインターネットで申し込めば最短1時間で借り入れ手続きが完了し、いつでもお金が借りられるようになります。

なぜこのように時間差が生まれるかといえば、それは経営母体の規模が違うためです。

個人間融資はいうまでもなく個人からお金を借りることになりますが、プロミスでしたら多くのスタッフがおり、受付体制が充実しております。

そのため、受付の対応スピードや審査スピード、そしてキャッシングスピードが迅速なため、すぐに現金を借りることが可能です。

promise-btn

キャッシングスピードの点でもプロミスは優秀ですが、金利面でも優れております。

個人間融資は債権者と債務者の話し合いによって金利が決まるのですが、法律で定められている上限は「年109.5%」とかなり高金利です。

実際には上限金利で貸し借りが行われることは少ないものの、金利が高くなるということは十分予想できます。

一方、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたら年4.5%〜17.8%と、他の大手消費者金融より低い設定になっているのです。

それだけでなく、初回利用者の方に最初の30日間のキャッシングを無利息にするサービスもプロミスは実施しておりますのでよりお得に利用できます。

このように、金利面においてもプロミスの方が個人間融資より優れているのです。

以上で説明しましたように安全性・サービス面・金利面の全てにおいてプロミスの方が個人間融資より優れていますので、ぜひご利用おご検討ください。

promise-btn

プロミスのご利用とともに検討していただきたいのが、低金利でお金が借りられる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用です。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はメガバンクのカードローンサービスですので、安全性の面では折り紙付きとなります。

また、年4.6%〜14.6%という金利の低さや即日キャッシングが可能というスピード性、提携ATM手数料無料というサービス性いずれにおいても非常に優秀です。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も利用条件である「安定した収入の確保」が満たせていれば審査に通過することができます。

審査に通過できれば個人間融資よりも安全で便利にお金が借りられますので、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』へのお申込みもご検討ください。

banquic-btn




※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※プロミスの場合、お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時もあります)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットの借入は、安定した収入があることが条件です。

 

個人間融資   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る