ローソン銀行開業!メリットやサービス内容を徹底リサーチ!

コンビニエンスストア大手のLAWSON(ローソン)が、ついに銀行事業をスタートすると発表しました。

その名も『ローソン銀行』

今回は、ローソン銀行のサービス内容や特徴などを詳しく調査してきたので、気になる人は読んでみてください!

ローソン銀行設立!基本情報を抑えておこう

ローソン銀行はじまる 2018年8月10日株式会社ローソンは、子会社『ローソン銀行』が金融庁からの銀行業免許を正式に取得したことを受けて2018年10月15日をめどに、ローソン銀行としての営業開始を目指して行くと発表しました。

ローソン銀行とは、株式会社ローソン三菱UFJ銀行が共同で出資を行い設立した銀行であり、ローソン銀行の株の95%を株式会社ローソン・5%を株式会社三菱UFJ銀行が保有しています。

「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」

という一文を企業理念として掲げているローソン銀行では、ローソンが全国に持つ店舗網に金融サービスをプラスしていくことで、より多くの人が便利で快適な生活を送れるようにと考えているようです。

このように流通系の企業が金融事業を行うことは珍しいことではありません。
流通系大手のイオンやセブン&アイホールディングスではイオン銀行・セブン銀行を運営しており、利用者の数も非常に多く人気の高い銀行と言えるでしょう。
そこに新規参入する形でスタートするのがローソン銀行であり、セブン銀行に次ぐ2つ目の銀行事業を行うコンビニエンスストアとなります。

コンビニ界の中で、売上高&シェアランキングでセブンイレブンに次いで2位となっているローソンと、日本経済をけん引するメガバンクである三菱UFJ銀行との共同運営であるローソン銀行は、利用する立場としても非常に安心感があり、信頼できる銀行であると言えるでしょう。

ローソン銀行解説の目次に戻る

ローソン銀行のサービス内容はどんなもの?

ローソン銀行のサービス内容
現在発表されている、ローソン銀行の主なサービス内容は、「ATM事業」「リテール事業」となっています。

ATM事業ローソンの店舗に設置してあるATMを提携の金融機関のカードでも使えるようにして利益を得ることを指しています。
近年では、多くの銀行や消費者金融などが「コンビニATMも利用可能」ということをウリにしています。これは、各金融機関が各コンビニと契約を結び利用料を払うことで、自社のカードをコンビニ設置のATMで使えるようにしてもらっているという仕組みです。
現在すでにローソンにはATMが設置してありますが、これはローソンが単独で運営しているものではなく、ローソンと他社銀行で共同出資の上で作ったものでした。そのため、ATM事業としての収益は少なかったと言われています。ローソン銀行では、ローソン店舗に設置してあるATMをすべて自社のものとすることで、ATM事業を行っていくと発表しています。

リテール事業主に預金・為替・ネットバンクなどのことであり、一般的な銀行業務であると言えるでしょう。
現段階では普通預金と定期預金のみとなっており、お金を預ける・引き出す・振込む・貯めるといった内容がメインとなってくるでしょう。この銀行業務に付随する形で行われるのが、Pontaのポイントサービスです。ローソンがオリジナルのポイントサービスとして行っているタヌキの可愛らしいキャラクターでお馴染みのPontaは、ローソン店舗はもちろんリクルートの運営するホットペッパーやじゃらん・他にもJAL・シェル石油などで貯める・使えることができました。そんなPontaのポイントがローソン銀行の利用に応じて貯まっていくというサービスを行うようです。現段階では、どのような条件下でどのくらいのポイントが貯まるのかなど詳細については発表されておりませんが、預金残高や利用内容によって数ポイントずつ付与されるのではないかと予想されます。

ローソン銀行解説の目次に戻る

ネット上で話題の、可愛い支店名とは

ローソン銀行のかわいい支店名
ローソン銀行の始動が発表されたと同時に、ローソン銀行の支店名も明かされました。
一般的に支店名とは実店舗の各支店名のことを指しており、「○○駅前支店」「○○東支店」といったように地名が支店名となっているケースが多いでしょう。
ローソン銀行は、実際に支店を持たないインターネットバンク型の銀行です。そのため、支店を利用者の誕生月で決めています。(ほかのネットバンクでも同じような制度を取っています)

いまインターネットで話題となっているのが、『ローソン銀行の支店名が可愛すぎる』というニュースです。上記のような支店名が一般化している中で、ローソン銀行が発表した支店名は、以下のようにすべてローソンでお馴染みの商品から取っているのです!

「1月 おもち支店」
「2月 チョコ支店」
「3月 おすし支店」
「4月 カフェ支店」
「5月 おにぎり支店」
「6月 サラダ支店」
「7月 アイス支店」
「8月 フルーツ支店」
「9月 パスタ支店」
「10月 おべんとう支店」
「11月 スープ支店」
「12月 デザート支店」

漢字ではなく平仮名とカタカナで統一されているところにも可愛らしさを感じませんか?

ローソン銀行解説の目次に戻る

肝心の使いやすさは?金融通が判断するローソン銀行のメリットはコレだ!

ローソン銀行のメリット 安定した企業が運営しているという安心感や支店名の可愛さも注目ポイントではありますが、実際に口座を開設する時に最も重要となるのは『使い勝手がよいかどうか』ではないでしょうか?

使いやすさを判断する上で大切となるのは「ATMの設置台数」です。
2018年2月時点で、全国に13,992件あるローソンの店舗ですが、そのほとんどの店舗にATMが設置してあります。
ローソン銀行が設立する以前から様々な金融機関のカードを使うことができたローソンATMですが、今後はローソン銀行のメインATMとして使うことができるようになります。

もちろん従来通り、提携金融機関のカードを使って入出金を行うこともできます。
今までの機能はそのままに、ローソン銀行としての機能がプラスされるのです。
これに伴い、ローソンでは、ATMのリニューアルを行っています。使いやすさ・わかりやすさ・セキュリティ面を充実させた新型機を導入し、随時従来型機から新型機への置き換えを行っています。

全国各地にあるこのローソンATMが、システムメンテナンス等の時間を除いて原則24時間365日利用することができます。
曜日に関係なく、朝の7時から夜の19時までは預入・引き出し・残高照会は何回でも手数料無料で行うことができます。

ローソン銀行の一番のメリットは、このローソンATMの便利さにあると言えるでしょう。

またローソン銀行では、様々な不正対応を防ぐ為に、厳重なセキュリティ対策が施されています。
先ほど記載したセキュリティ対策に特化した新型のATMだけでなく、サーバーへのウイルス攻撃・フィッシング詐欺・通信内容の盗聴などが行われないよう、24時間365日のアクセス監視などを徹底しています。

ローソン銀行解説の目次に戻る

ローソン銀行のこれから

ローソン銀行のこれから
上でも解説したように、ローソン銀行の提供サービスは、現在のところあまり多くはありません。まだ始動もしていない段階なので、これからどんどんサービスの幅が広がっていくことは間違いないでしょう。

かなり高い確率でスタートすると考えられるのは「カードローン」「クレジットカード」の発行です。
いまや銀行業務を行っており、カードローンやクレジットカード業務を行っていないという銀行の方が少数派でしょう。
先ほど紹介したイオン銀行やセブン銀行も、カードローンやクレジットカード業務で高い利益を出していることなどから、ローソン銀行でもサービスがスタートするのは時間の問題ではないかと考えられています。

また、現段階ではローソン銀行の利用に応じてPontaポイントが貯まるというサービスのみに留まっているPontaですが、今後はPontaポイントの機能が付帯したキャッシュカードやキャッシュカード機能・クレジットカード機能・Pontaポイントが一体となったカードの発行などのサービスも始まるものと考えられます。

ローソン銀行解説の目次に戻る

ローソン銀行のまとめ

ローソン銀行のまとめ 国内で生活しておりローソンを知らない大人はいないのでは? と思えるほど、全国に名が通っているローソンが開始する銀行業務に多くの人が注目しています。
これからのサービス展開に目が離せませんね。

一般向けの口座開設などのサービス開始は10月15日からとなっており、公式ホームページより受付をすることができます。
気になる人は、チェックしてみてください。

ローソン銀行解説の目次に戻る

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時もあります)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です