未成年でもお金を借りる方法をご紹介。学生でもキャッシングはできるの?

未成年の人の中には、

バイトをしているけれどお金が足りない.
急な飲み会や合コンに誘われたけど手持ちがない。
彼女とのデート代が足りないなど、未成年や学生でもお金を借りたい……


と思うシーンが、たくさんあるのではないでしょうか。

しかし、一般的に、キャッシング等のローンは20歳以上から申し込みが可能です。
未成年は申込ができないところがほとんどでしょう。
お金を借りる間口が狭いと思われている未成年や学生でも、お金を借りる方法はあるのでしょうか……?

実は、方法は数少ないですが、未成年でもお金を借りる方法はあるんです。
このページでは、未成年や学生がお金を借りられる方法についてお話してい来たいと思います。



未成年でもお金借りることはできるけど、条件がある


セーラー服女性
高校を卒業したくらいの未成年の人は、毎日楽しいことが多く、遊びにも付き合いにもお金がかかります。
また、高校卒業と同時に通学や就職のために上京して、一人暮らしを始めたという人も多いかもしれません。
バイトをしている人も多いと思いますが、時にはバイト代では足りないこともあるでしょう。

このように、
未成年や学生は、何かとお金がかかる……!!

未成年でも気軽にお金を借りられたらいいのに……
と思う人も多いと思いますが、そもそも未成年は、どのようにお金を工面すれば良いのでしょう。

結論から言うと、親の同意を得ることができれば、未成年でもお金を借りれるところはあります!
具体的には、未成年がお金を借りるには、法定代理人(親権者)の同意を得る必要があるので、だいたいの人は親の同意を得れればお金を借りれる期間がある、ということなんですね。

「未成年が親権者の(法定代理人の)同意なしに消費者金融などからお金を借りることはできない」というルールは、法律で決められています。
どうしても親に内緒で借りたい場合は、諦めて下さい。
内緒で借りられれ消費者金融でお金を借りようとすると、闇金融などの違法業者に引っ掛かってしまうこともあります……。

未成年は親の同意無しではお金を借りられない」ということだけは、しっかりと頭に入れておいてください。

未成年お金借りるの目次に戻る


未成年は消費者金融からの融資を受けられるの?


消費者金融のCMを目にすると「自分もお金を借りれるのかな?」と思う人もいると思います。

しかし、一般的に未成年は消費者金融で借入ができません。
消費者金融の申し込み条件を見てみると、「20歳以上」となっているところがほとんどです。
申し込み条件の時点で、未成年はNGということになるんですね。
たとえ親の同意があったとしても、法律上で決められたことなので、残念ながら消費者金融から未成年がお金をかりることはできません。

「20歳以上だと年齢を偽って申し込みすればいいのでは?」
と考えた人もいるかもしれませんが、嘘の申告も絶対にNGです。

民法では、未成年が法定代理人(親や親権者など)の同意なく消費者金融などと契約を結んだ場合、契約を取り消すことができるとされています。
ですから、実は未成年だということがバレた時点で、契約は取り消されてしまいますよ。

未成年お金借りるの目次に戻る


未成年は奨学金を借りられる?


未成年や学生がお金を借りると聞くと「奨学金」を想像する人も多いと思います。

確かに、奨学金は未成年でも学生でも利用ができます。
しかし、奨学金は学業に関することのために使用できるお金となっています。
学費などにあてるのであれば何も問題はありませんが、生活費・飲み代・遊ぶお金として借りるということは、もちろんできません。

また、申し込みできる期間が限られていますし、審査から実際にお金を借りるまでにはかなりの時間がかかります。
消費者金融のキャッシングのように、即日審査などということはもちろんありません。
そして、親権者の同意も必要です。
借りるまでには、時間がかかるので、もし借りる予定がある人がいたら余裕を持って手続きしましょうね。

奨学金は未成年や学生がお金を借りる方法の一つではありますが、生活費などとして使うための手段としては現実的ではないですね。

未成年お金借りるの目次に戻る


学生や未成年がお金借りる5つの方法



ここまで見てきて
「それじゃ、未成年や学生は結局お金を借りることができないんだ」と思った人もいるかもしれません。
しかし、そんなことはありませんよ。
未成年がお金を借りる方法として、5つの方法を紹介します。

①「学生ローン」を利用する


学生がお金を借りるなら、学生専用のローンである「学生ローン」を利用することができます。

ただし、学生ローンでも未成年の学生には貸してくれないところもありますので注意して下さい。
なかには18歳以上で利用可能という条件の学生ローンもありますから、自分の希望に合ったものを根気よくさがしてみましょう。

ただし、貸してもらえるとしても、必ず親(親権者)の同意は必要となります。

気をつけたいのは、学生ローンの中には「安定して継続した収入がある」ことが条件になっているものも多いという点です。
この場合、アルバイトをしていて安定した収入がある学生であれば、利用ができるということになります。

②未成年でも働いていれば「ろうきん」でお金を借りられる


未成年でも、中には既に会社員として働いているという人もいるでしょう。
未成年でも社会人の場合には、ろうきん(労働金庫)のカードローンを利用することができます。
残念ながら、未成年で学生の場合には利用することができません。

ろうきんのカードローン(マイプラン)は、基本的には18歳から利用することができます。
ただし、地域によって条件が異なる可能性がありますから、自分の利用したい地域のろうきんの公式サイトなどで確認をしておきましょう。

地域によっては、勤続年数(1年以上など)や年収の制限が設けられていることもあります。
しかし、18歳から利用ができるところが多くなっているため、未成年で働いている(給与所得者)場合には利用を検討してみても良いでしょう。

③「クレジットカードのキャッシング枠」を利用する


未成年だと消費者金融のカードローンでキャッシングはできないものの、クレジットカードなら比較的作りやすくなっています。
クレジットカードも、キャッシング枠をつければ、クレジットカードを使ってキャッシングが出来、お金を借りることが出来ます。

クレジットカードであれば、18歳から作れるものが多いので、まずは候補を選んでみましょう。
ただし、高校生はクレジットカードを作成できませんので注意が必要です。

キャッシング枠が欲しい場合には、学生専用のキャッシュカードが狙い目です。
キャッシング枠は数万円と少ないですが、未成年、学生ではまだ安定した収入もありませんから、かえってこのくらいに設定されていたほうが安心でしょう。

ひとつ注意点としては、未成年がクレジットカードを作れたとしても、一般的なクレジットカードではお金を借りるために重要な「キャッシング枠」がもらえない可能性が高いです。
キャッシング枠が無くては、クレジットカードでショッピングは出来ても、キャッシングができません。
キャッシング目当てでクレジットカードを作る際には、気をつけて下さいね。

④キャッシングではなくクレジットカードを活用する


未成年や学生でクレジットカードのキャッシング枠の利用が難しい場合には、クレジットカードでショッピングをするという手もあります。
クレジットカードで支払えるところはクレジットカードで支払い、その分現金を手元に残しておきましょう。

ただし、クレジットカードを使いすぎて、利用分の引き落としの支払いが厳しくなってしまっては意味がありません。
カードを出すだけでポンポンお買い物ができてしまうのは便利ですが、計画的に利用しないといけません。
くれぐれも使い過ぎには注意してくださいね。

⑤バンドルカードを利用する


みなさんは、バンドルカードというプリペイドカードを知っていますでしょうか。

バンドルカードとは、VISAの加盟店で利用できるプリペイドカードのことです。
スマホアプリで簡単に発行ができ、審査がなく年齢制限もないので、未成年でも作ることができるプリペイドカードなのです。
18歳や19歳の未成年だけでなく、中高生でも利用できてしまうのですから、驚きです。

バンドルカードは基本的にはプリペイドカードなので、自分でチャージをしてから使用するということになります。
バンドルカードはチャージ方法も簡単で、アプリ内の「ポチっとチャージ」という機能を利用すれば、後払いでバンドルカードにチャージすることができるんですよ。

借りられるのは2万円までですが、今すぐにお金が必要だという時に便利な機能ですよね。
支払いは翌月の月末までですから、バイト代が入ってから支払いをするということもできますね。

手軽にスマホでも作れるので、未成年のみなさんもどうでしょうか。


未成年お金借りるの目次に戻る


大学生がお金をかりる場合


大学生
大学生がキャンパスライフを謳歌するためには、お金は必要ですよね。
サークル活動や合コン、異性とのデート、友人とのショッピングなど、お金と使うシーンは多いと思います。
大学生がお金を借りる方法ってあるのでしょうか。

結論から言うと、同じ大学生でも、「未成年か」「20歳以上か」によって、お金を借りる間口の広さがかなり変わって来ます。
未成年の大学生の場合には、先ほどお話した方法でしかお金を借りることができません。
しかし、大学生でも20歳を超えていれば、選択肢はぐっと広がります。

大学生で20歳を超えていて、バイトなどで安定した収入を得ている場合は、未成年では利用ができなかった消費者金融のカードローンも利用が可能です。
大抵の大手消費者金融では、学生でもアルバイトをしていれば、借り入れが可能となっています。

未成年お金借りるの目次に戻る


未成年や学生がお金を借りる時には詐欺業者に注意して


騙された女子高生
これまで見てきたとおり、未成年がお金を借りるためには親(親権者)の同意が必要となります。
でも、親に借金をしたいとはなかなか言い出せませんよね。

だからと言って、「親権者の同意なしで借りられる」などという業者が目の前に現れても、絶対にその業者から借金をするのはやめましょう。
未成年が借金をするには、親の同意が必要だということは法律で決まっています。
法律があるのにも関わらず、親の同意なしでお金を借りことができると言うのは、間違いなく詐欺や悪徳な闇金融でしょう。

学生をだまして、その家族からお金を搾取しようとたくらむ悪徳な金融業者は、漫画だけの話ではなく、実際に存在します。
闇金融の甘い誘い文句には、絶対に乗ってはいけません。

もし、闇金融からお金を借りてしまったら大変です。
「闇金でも数万なら借りても問題ないだろう」と、甘く見てはいけません。
数か月たつと借りたお金よりも利息が膨れ上がっていき、とんでもない金額の返済を催促される羽目になります。
今後の人生が狂ってしまうことにもなりかねませんから、絶対に闇金を利用してはいけません。

クレジットカードの現金化もダメ


先ほど、未成年でもクレジットカードは作れるけれど、キャッシング枠がもらえない可能性があることをお話ししました。
それなら、ネットでよく見かけるクレジットカード現金化を利用すればよいのでは?
と思うかもしれませんが、それも絶対にやめましょう。

クレジットカードの現金化というのは、指定された商品をクレジットカードで買わされ、その分の代金を現金でもらえるというシステムです。
ただし手数料を取られますし、商品代金として払った分を全額もらえるわけではありません。
クレジットカードで買ったその商品の代金は自分で支払う必要がありますし、手数料も引かれます。
よく考えると分かると思いますが、ユーザーは完全に損をすることになります。

クレジットカードの現金化を行っている業者は闇金業者であることも多いです。
損をしても現金が手に入ればいいや……と安易に考えてはいけません。

未成年お金借りるの目次に戻る


まとめ

未成年や学生でもお金を借りられる方法についてお話してきました。

未成年の場合、親(親権者、法定代理人)の同意が無いとお金を借りることができません。
借り入れの方法は限られていますが、未成年でも借り入れをする方法がありますから、ご紹介した方法を参考に借入を検討してみても良いでしょう。

親に内緒で借り入れができるなどと謳っている業者は、詐欺業者や闇金などの悪徳業者の可能性が高いので、気をつけて下さいね。

未成年お金借りるの目次に戻る

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒で振込み可能
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時まで)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です