楽天銀行カードローン口コミ評判は?審査の在籍確認は会社への電話連絡なし?

カードローンの審査基準、在籍確認を徹底解説 | 本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシング!

カードローンの審査基準、在籍確認について気になりませんか。当サイトの情報を参考にして本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシングしちゃいましょう!

楽天銀行銀行カードローン口コミ評判は?審査の在籍確認は会社への電話連絡なし?

読了までの目安時間:約 9分

 

01xx_ydn_728_90

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の口コミ評判について解説します!

金融会社のキャッシングを利用する際には、実際に利用したことがある方の口コミを参考にしましょう。
やはり、実際に使ってみた方の意見は具体的で、キャッシング選びをする際に参考になります。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)も多くの利用者が口コミを寄せています。
その口コミを見る限りでは楽天銀行カードローン(スーパーローン)は特に違法行為のようなことはしていないようです。
しかしながら、電話対応の不手際さや理不尽な審査落ちに対して批判めいた口コミがあるのも事実です。

そのため、楽天銀行カードローン(スーパーローン)をキャッシング先にするのはあまりオススメできません。

口コミ評判を気にするのでしたら、口コミ評価の高い消費者金融モビットでキャッシングするのをオススメします!

モビットでしたら、口コミでも評判の良い便利なWEB完結申込みがご利用になれます。

そのWEB完結申込みを利用すれば、誰かにバレるという心配なく、安全にキャッシング手続きが完了しますので、ぜひモビットでキャッシングをご利用ください!

mobit-btn

imasia_7685400_XL

楽天銀行カードローン(スーパーローン)では審査の在籍確認は会社電話連絡なしで行われる?

銀行や消費者金融でキャッシングを利用していることは、出来れば隠しておきたいという方が多いと思われます。

しかしながら、楽天銀行カードローン(スーパーローン)は審査の在籍確認を会社へ電話連絡することで行います。

その審査の在籍確認の電話連絡で、皆様が楽天銀行カードローン(スーパーローン)でキャッシングしていることがバレてしまう可能性があるのです。
会社への電話連絡なしで利用できるようなキャッシングがある金融会社はないのでしょうか?

先ほども紹介した口コミで評判な消費者金融モビットでしたら、電話連絡なしでキャッシングを利用することが可能です!

モビットのWEB完結申込みでは、審査の在籍確認を書類などを用いて確認するため、審査が電話連絡なしで完了するのです。
その他の手続きの際にも、会社への電話連絡なしで行うため、会社に皆様がモビットでキャッシングを利用していることが一切伝わることはありません。
以上のように、モビットのWEB完結申込みでしたら、キャッシング利用を隠しておきたいという皆様のご希望を叶えてくれます。

キャッシング利用をどうしても知られたくないという方は、モビットのWEB完結申込みでキャッシングをお申込みください!

mobit-btn

キャッシング利用が会社に知られると困るという方には、消費者金融アコムの利用もオススメです!
アコムは電話連絡の際にも企業名を出さずに電話するため、会社の人々にアコムからの電話とわからないようになっているなど、工夫がされています。
また、事情が認められると、電話連絡なしで審査を行ってくれることもありますので、申込み時にお願いしてみましょう。

アコムでしたらお得な無利息キャッシングなども利用できるので、ぜひアコムのご利用もご考慮下さい。

以上のように、口コミで評判の良い消費者金融であるモビットやアコムを利用すれば、会社に知られずにキャッシングを利用することが可能です。
特にモビットはWEB完結申込みがあり、電話連絡なしで審査が行われますので絶対にバレることはありません、ぜひご利用ください!

acom-btn

imasia_11926178_XL

楽天銀行カードローン(スーパーローン)での最低返済額はいくらですか?

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の最低返済額は残高10万円で3,000円となっています。
これは他の金融会社と比べても低額な方で、お金に困っている方にとっては嬉しい金額です。

しかしながら、楽天銀行カードローン(スーパーローン)は返済時にかかる手数料が高めになっています。

そのため、最低返済額で細かく返済しているとATM手数料が多くかかってしまうことになってしまいます。

低返済額が低い金融会社でしたら、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』がオススメです!

バンクイックの最低返済額は借り入れ残高10万円で2,000円と楽天銀行カードローン(スーパーローン)よりも安くなっています。
この金額は、他の金融会社と比べましてもかなり低い金額といえます。

さらに、バンクイックでしたら提携ATMからの借り入れ・返済手数料が0円となっております。

一切手数料がかからないため、最低返済額で細々と返済しても出費はありません!
お金にお困りで手数料も気になるという方は、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』をご利用ください!

banquic-btn

imasia_10961433_XL

楽天銀行カードローン(スーパーローン)の増額(増枠)審査は厳しいですか?

通常、銀行カードローンの審査は厳しく行われるため、初回審査に通過できても利用可能なキャッシング枠は少額になります。

楽天銀行カードローン(スーパーローン)も例外ではないので、初期の利用可能キャッシング枠は少額です。
そのため、楽天銀行カードローン(スーパーローン)でより高額なキャッシングを利用したいのでしたら、増額(増枠)審査に通過しなければなりません。

しかしながら、初回審査も厳しい楽天銀行カードローン(スーパーローン)ですので、増額(増枠)審査はより厳しい審査となります。
それ故に、中々増額(増枠)審査に通過できず、ご希望のキャッシング枠が利用できないという方が多いのです。

先ほど紹介した消費者金融モビットでもキャッシング枠の増額(増枠)を受け付けているため、増額(増枠)していくことが可能です!
モビットでも増額(増枠)審査が行われるため、キャッシング枠を増額(増枠)するためにはモビットの増額(増枠)条件を満たしておかなければなりません。

モビットの増額(増枠)審査に通過するためには、継続的な利用を通じて十分な返済実績を作ることが求められます。
十分な返済実績さえあれば、モビットの増額(増枠)審査にも通過できるようになりますので、ご希望のキャッシング枠まで増額(増枠)することが可能になります。
キャッシング枠の増額(増枠)を視野にいれているのでしたら、増額(増枠)可能な消費者金融モビットのご利用をぜひご検討ください。

モビットの場合、増額(増枠)審査の際も、WEB完結申込みと同様、会社への電話連絡なし、をお願いすれば、収入証明書類などの写しを提出することで、職場の同僚にバレないようにお金を借りることが可能ですよ。

プロミスでもキャッシング枠の増額(増枠)を受け付けていますので、楽天銀行カードローン(スーパーローン)で増額(増枠)できない方はお試しください。

プロミスでもモビットと同じく、増額(増枠)審査に通過するためには十分な返済実績が必要になります。
その返済実績さえ整えられれば、プロミスでの増額(増枠)が可能になりますので、ぜひ増額(増枠)審査に挑戦してみてください。

プロミスでは増額(増枠)審査の申込みがインターネットで会員ページから簡単に行えるため、他の金融会社より申込みやすくなっています。

キャッシング枠の増額(増枠)をお考えでしたら、プロミスの利用もぜひご検討ください。

mobit-btn

promise-btn


以上では楽天銀行カードローン(スーパーローン)以外でお勧めの金融会社を紹介してまいりました。
消費者金融モビット、アコム、プロミス、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はそれぞれ独自の強みを持ち、様々なニーズに応えています。
ご自分にあった会社をこの中からみつけ、ぜひキャッシングをお申込みください!

acom-btn

banquic-btn




※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※プロミスの場合、お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時もあります)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットの借入は、安定した収入があることが条件です。

01xx_ydn_728_90

 

インターネット銀行の審査の在籍確認   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る