クレジットカードの借金(リボ払い)支払い継続とおまとめ・借り換えローンで一本化するのとではどちらが返済額はお得ですか?

カードローンの審査基準、在籍確認を徹底解説 | 本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシング!

カードローンの審査基準、在籍確認について気になりませんか。当サイトの情報を参考にして本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシングしちゃいましょう!

クレジットカードの借金(リボ払い)支払い継続とおまとめ・借り換えローンで一本化するのとではどちらが返済額はお得ですか?

読了までの目安時間:約 14分

 

クレジットカードの借金などを返していきたい方にはおまとめ・借り換えローンが利用できる会社を利用するのがオススメです。

大手の銀行カードローンのサービスであるおまとめ・借り換えローンはクレジットカードの支払いも一本化することが可能です。

金利が低い銀行カードローンであれば、リボ支払いの継続よりお得になることもあります。

こちらでは、おまとめ・借り換えローンがお得な銀行について紹介します。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

年4.6%〜14.6%という金利の低さと即日キャッシングが可能というスピード性から注目を集めています。
おまとめ・借り換え先としても人気が高く、多くの利用者が三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』で借金を一本化しています。

banquic-btn

イオン銀行カードローン

他の銀行カードローンよりもさらに金利が低く、年3.8%〜13.8%となっております。
借り入れ限度額も800万円と高額で、おまとめ・借り換えに適している銀行です。

aeon-btn

東京スター銀行スターカードローン

年4.5%〜14.6%と、おまとめ・借り換え先として理想的な金利の低さとなっております。
ネットローンタイプは特に便利に利用できるサービスとなり、借金の返済に役立つことでしょう。

以上の銀行カードローンサービスで借金を一本化し、完済を目指しましょう!

tokyostar-btn

imasia_10933589_XL

クレジットカードのリボ支払いは危険といわれていますが、なぜでしょうか?

クレジットカードは現金がなくても、ショッピングをしていけますので、1枚持っているだけでも非常に便利です。

当記事をご覧の方の中にも、クレジットカードを使用してショッピングなどをしている方が多いと思われます。

公共料金の支払いもクレジットカードでできる時代になりましたので、今後も多くの方が利用していくサービスといえるでしょう。

ただ、クレジットカードのリボ支払い形式には注意が必要です。

多くの方がこのリボ払いをあまり理解しないまま利用を始め、いつのまにか多額の借金を抱え込むなんてケースがよく見られるのです。

リボ支払いというのは、月々の返済していく金額が借り入れ残高に関わらず一定の返済額に固定されている支払い方法です。

この説明だとわかりづらいかと思われますので、具体的な数字で説明しましょう。

Aさんがクレジットカードを使って、10万円の商品を購入したとします。

そのクレジットカードはリボ支払い方式となっており、月々の返済額が1万円に固定されていると仮定します。

利息や手数料が発生しますので正確には異なりますが、単純に考えれば10回払いで借金の支払いが完了します。

すると、Aさんは毎月1万円の支払いをすることで、10万円の商品を現金不要の後払いで購入していくことが可能なのです。

ここまでは普通のクレジットカードと似ているのですが、ここでさらにAさんが20万円の商品をクレジットカードで購入するとどうなるでしょうか。

借り入れ残高は10万円から30万円になります。ですが、Aさんのクレジットカードのリボ支払い方式では月々の返済額は「1万円」に固定されています。

そのため、利息・手数料を度外視しても、返済回数は30回に増えますので、30ヶ月の間毎月1万円を支払うことになります。

これはメリットでもあり、デメリットともいえるでしょう。

30万円分の買い物を現時点でお金を持っていなくてもすぐに購入できますが、30ヶ月の間借金の支払いに拘束されてしまうのです。

また、利息も発生し続けますので、中々返済が完了しないのです。

そして、最も危険なのが、気づかないうちに借金が膨大な金額になることもありえるということです。

もちろん計画的に利用していけばなんの問題もないはずなんですが、実際にリボ支払いがいつのまにか返済できないくらいの金額になっていたという方もいます。

返済額が固定されており、いつの間にかリボ払いによる返済だとかなりの期間ずっと借金を支払い続けることになっていしまうのです。

しかも、借金が残っていれば利息は発生し続けるので、利息の負担だけでもかなりの負担になってしまうのです。

多額の借金をリボ払いで支払い続けると、長期間借金に拘束されてしまうことになり、デメリットが大きくなってしまいます。

そこで、先ほど紹介した銀行などにリボ支払いで払っている借金をおまとめ・借り換えしてしまえばいいのです。

そうすればリボ支払いで定められている以上の返済をしていくことが可能になり、完済を早めることができるのです。

リボ支払いですと返済額が固定されていて、いつまでも借金で悩み続けるなんてことになりかねません。

それよりも、金利が低いイオン銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』で早めにおまとめ・借り換えローンを利用したほうが負担を軽減できます。

aeon-btn

banquic-btn

imasia_10961429_XL

借金の支払いをリボ払いで継続するのとおまとめ・借り換えローンで一本化するのはどちらがお得になるでしょうか?

現時点ですでにリボ払いをしている方もいらっしゃるかと思われますが、果たしておまとめ・借り換えローンを利用すべきなのでしょうか。

リボ払いをそのまま継続していくこと自体は別にデメリットはないのですが、さらにリボ払いで買い物などをしてしまえばさらに負担は増えてしまいます。

リボ払いは利用すればするほど返済期間も長くなりますし、複数のカードを利用していればなおさらです。

当記事をご覧の方の中にはすでに複数のカードを利用し、リボ払いで買い物をしているという方もいらっしゃるかもしれません。

そのまま支払いを継続していくと、長期間借金の返済に拘束されてしまいますので、精神的にも負担が大きいかと思われます。

リボ払いは便利なサービスですが、利用しすぎると借金を返済していくという負担のほうが大きくなってしまうものなのです。

そのまま利用を続けていけばさらに負担を増え続けてしまいますので、早めに借金を一本化して返済していく方針に切り替えていく方がトータルでお得になります。

一旦リボ払いによる支払いは中断し、金利の低い銀行でおまとめ・借り換えをして借金を一本化していきましょう。

複数のクレジットカードの支払いもイオン銀行カードローンでまとめると、金利そのものもお得になる可能性が高いです。

イオン銀行カードローンは年3.8%〜13.8%と低金利な銀行ですが、借り入れ残高が高いほどより低金利で利用できる可能性が高くなります。

そのため、複数のクレジットカードの借金をまとめると、より低金利で利用していくことが可能です。

また、複数日に分かれていたクレジット支払いを1日にまとめることも可能ですので、返済スケジュールの管理が楽になります。

返済日が複数日あると、毎日のように返済日がいつだったか気になってしまい、日々の生活にも悪影響を与えてしまいます。

イオン銀行カードローンで返済日を1日にまとめてしまえば、返済の負担も減りますので精神的にもぐっと楽になるでしょう。

複数のリボ支払いがあったり、クレジットカードのリボ支払いが負担を感じている方は、ぜひイオン銀行カードローンのおまとめ・借り換えローンを利用していきましょう。

aeon-btn

66 www.institutfr-dakar.org 女性6

おまとめ・借り換えローンを利用するならどういった金融会社で利用していくべきでしょうか?

おまとめ・借り換えローンを利用していきたいのでしたらどういった金融会社を利用すべきなのでしょうか。

こちらではこれからおまとめ・借り換えローンを利用していくにあたってどういった会社を利用していけばいいかという点を解説していきます。

◯金利が低い

やはり、最も優先させたいのは金利が低い金融会社への借り換え・おまとめです。

基本的に、返済の負担をより少なくするために一本化するのですから、金利の高い金融会社では意味がありません。

上記で紹介した金利の低い銀行カードローンの中でもイオン銀行カードローンは特筆すべき金利の低さを誇ります。

年3.8%〜13.8%というかなりの低金利で利用できるイオン銀行カードローンのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

aeon-btn

◯限度額が高い

最高限度額が高い金融会社でしたら、複数の借り入れ金額を一本化するのに役立ちます。

イオン銀行カードローンの最高限度額は800万円と高額です。

イオン銀行カードローンでしたら、多額の複数借入をまとめていくことが可能ですので、借金の負担を減らしていけるのです。

aeon-btn

◯返済が便利

基本的に一本化した後は早めに返済してしまった方が利息負担を軽減できます。

そのため、なるべく返済しやすい金融会社がおまとめ・借り換えには適しているといえます。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら提携ATMでの返済にかかる手数料が無料なため、全国各地のコンビニATMで気軽に返済できます。

東京スター銀行スターカードローンのネットローンタイプは返済に関しても簡単なネット操作で完了することができます。

以上のように、返済が便利な銀行がおまとめ・借り換えには適していますので、ぜひご利用を検討してください。

以上の3点を満たしているような銀行カードローンがおまとめ・借り換え先としてはオススメです。

ぜひリボ支払いの負担が重く感じるのでしたら三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』、イオン銀行カードローン、東京スター銀行スターカードローンでおまとめ・借り換えローンを利用しましょう。

banquic-btn

aeon-btn

tokyostar-btn

imasia_10957952_XL

おまとめ・借り換えローンの審査に通過するにはどうしたらいいでしょうか?

おまとめ・借り換えローンに適しているのは銀行カードローンだと先ほど説明しました。

ですが、銀行カードローンというと審査が厳しくて中々通過できないというイメージをお持ちの方が多いと思われます。

果たして、銀行カードローンが行うおまとめ・借り換えローンの審査に通過するにはどうすればいいのでしょうか。

三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・東京スター銀行の審査では、利用条件がきちんと満たせているかという点が問われています。

それぞれの銀行に多少の差はありますが、共通する利用条件として「安定した収入の確保」という条件があります。

三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・東京スター銀行の審査はでは「安定した収入の確保」という利用条件が満たせているかという点が重要となるのです。

とはいえ、何も正社員でないと審査に通過できないとか、職業などを問題としているわけではありません。

アルバイトや派遣社員、パートといった職種であっても、毎月安定して収入を得ていると判断されれば審査に通過することが可能となっています。

つまり、おまとめ・借り換えローンの審査に通過するためには、アルバイトなどでも構いませんので、安定した収入を得ていればいいのです。

もちろん、それまで他の会社を利用していた際に返済の延滞などがあれば審査において不利にはなりますが、延滞などがなければ大丈夫です。

ただ、他社で自分がどれだけ借入をしているかという点については正確に申告しておくことが求められますので、その点はご注意ください。

以上の解説を抑えておけば、おまとめ・借り換えローンにも通過することが可能となってくるでしょう。

複数のクレジット会社の借金を三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・東京スター銀行でまとめて、完済を目指すことをお勧めします。

banquic-btn

aeon-btn

tokyostar-btn

imasia_10952071_XL

借金の完済を目指している方は、おまとめ・借り換えローンを利用して借金の支払いを一本化しましょう。

上記で説明してきましたように、複数のクレジット支払いも一つの銀行でおまとめ・借り換えすることで完済が実現しやすくなります。

リボ支払いは確かに便利なサービスなので、利用すること自体は問題ないのですが、使いすぎると長期間借金に拘束されてしまいます。

返済が重荷になってしまっているのでしたら、せっかくの便利なサービスも台無しになってしまいます。

現時点でリボ支払いが辛いという方は、一度リボ支払いサービスを中断し、おまとめ・借り換えローンで借金を一本化して完済を目指しましょう!

三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・東京スター銀行でしたら借金の負担を軽減し、完済しやすくなりますので、ぜひおまとめ・借り換えローンのご利用をご検討ください。

banquic-btn

aeon-btn

tokyostar-btn

imasia_10952076_XL




※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※プロミスの場合、お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時もあります)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットの借入は、安定した収入があることが条件です。

 

おまとめローン・借り換えローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る