カードローンの審査基準、在籍確認を徹底解説

カードローンの審査基準、在籍確認を徹底解説 | 本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシング!

カードローンの審査基準、在籍確認について気になりませんか。当サイトの情報を参考にして本審査、仮審査をクリアしてスピードキャッシングしちゃいましょう!

多重債務、膨れ上がった借金の返済ができない、きついという場合、おまとめ・借り換えローンと債務整理、どちらを選択するのが良いでしょうか?

読了までの目安時間:約 14分

 

債務整理って何でしょうか?


債務整理という言葉をインターネットなどでみたことのある方は多いのではないでしょうか。

債務整理とは、借金の返済が困難な状況にある方のための救済措置のような制度のことを指します。

もちろん、借りたお金を返済するということを前提としてお金を借りているのですが、お金が無い人に対していくら返済を要求しても返済するのは無理な話です。

債権者(貸した側)としても、債務者(借りた側)からとりあえず少しでもいいからお金を回収したいと考えます。

しかしながら、無いものは払えないですから、どこかで折り合いを付けないといつまでも問題が解決しません。

そこで、第三者が介入し、場合によっては裁判なども交えてなるべく穏便に解決しようという目的で行われるのが債務整理です。

債務整理には4種類の方法がありますので、下記ではそれぞれの方法について解説していきます。

任意整理


任意整理というのは、わかりやすく言えば「期限内には無理だけど少しずつ返済していく」という債務整理です。

普通、借金というのは返済しない限り、常に利息が発生してしまいます。

そのため、返済できない人がそのまま放置していればどんどん利息が発生し、利息の支払いすら出来なくなってしまいかねません。

そうなりますと元金は一向に減らず、延々と利息が発生し続け、返済することが不可能になってしまいます。

任意整理をしますと、一度その時点で借金は一旦ストップし、利息が発生しないようになるのです。

そのうえで、債務者が無理なく返済できる程度の返済スケジュールが作られ、3年〜5年の期間を設けて、分割で返済していくことになります。

借金自体が帳消しになるわけではないですが利息負担を軽減でき、返済の負担を減らすことができるというのが任意整理です。

また、裁判沙汰にならずに和解するケースが多いため、他の方法より手間もかかりません。

特定調停


特定調停とは、任意整理でも整理できない程度の借金がある方が選択する債務整理です。

わかりやすく言えば「債権者に可能な限り返済するから、少し返済額を免除してもらう」といった整理法です。

返済不可能に陥ってしまうことが濃厚な方は、この特定調停をして、利息負担などを減らしてもらう交渉を債権者側に持ちかけることになります。

場合によって簡易裁判所に仲介してもらい、債務者が無理なく債権者側に返済できる程度の金額まで減額してもらうことが可能です。

任意整理を少し本格化したというイメージをしていただければ、わかりやすいかもしれません。

個人再生


特定調停よりさらに高額な債務になりますと、個人再生という整理方法になります。

わかりやすく言えば「とりあえず払える分まで減額するから、可能な限り返済する」といったところでしょうか。

ここまできますと本格的に地方裁判所を交えて、どれくらいの金額まで債務を減らすかという話し合いになってきます。

債務者は最低でも5分の1以上のお金を返済しなければなりませんが、なんとか返済できる金額までは減額してもらうことができるのです。

自己破産


上記の任意整理、特定調停、個人再生というのは「減額すれば支払い能力がある」と判断された時の整理法です。

ですが、この自己破産は「もうどうしても無理」というケースの場合に適用される整理法となります。

債務者の財産の一部を整理する代わりに、借金を帳消しにするという最終手段が取られるのです。

とはいえ、全ての財産を差し押さえられて、住む家も全て没収されるという整理法ではありません。

あくまで債務者が借金を整理して、再出発できるようにするという名目で行われる債務整理ですので、ご安心ください。



以上のような自己破産、個人再生、特定調停、任意整理といった借金の整理法の総称を「債務整理」といいます。

契約通りの返済が出来ない人に対する救済措置ですので、頼ることは全く悪いことではありません。

弁護士などの専門家に依頼すれば交渉などもスムーズに行えますので、借金にお困りの方はぜひ債務整理をすることも検討してみましょう。

66 www.institutfr-dakar.org 女性6

債務整理の利点と意外と知られていない欠点とは?


債務整理の利点は、返済不可能な状況を改善することが出来る点です。

お金が無ければ借金を返済することができないのは明白なのですが、踏み倒すわけにもいきません。

いつまでも返済できないことに悩んで堂々巡りになっている間に、どんどん利息は発生し続けてしまいます。

そうなりますと、ますます借金が膨れ上がり精神的にも大分追い詰められてしまうでしょう。

債務整理はそんな事態に陥る前に、もしくはすでに陥っている方も借金を整理して、状況を改善することができます。

借金を整理すれば平穏な生活を取り戻すこともできますので、追い詰められてしまっている方は債務整理をしてみましょう。

ですが、債務整理も利点ばかりではなく、欠点もあります。

こちらでは債務整理の欠点を2点ほど紹介していきますのでご参考にしてください。

◯弁護士費用がかかる。

債務整理を行う際には弁護士など専門家の力を借りることになります。

その費用ですが、着手金・成功報酬・減額報酬と支払わなければなりません。

およそ、着手金・成功報酬の相場は1社で20,000円程度、減額報酬は減額したお金の10%程度が相場となっております。

仮に3社から借金をしていて債務整理を行い借金を30万円減額してもらったとすると、
20,000円×3社=60,000円(着手金)
20,000円×3社=60,000円(成功報酬)
30万円の10%=30,000円(減額報酬)
合計で15万円の弁護士費用がかかってくることになります。

高額な債務整理となりますと、より高額なキャッシング費用がかかってくることになりますので、その分負担も大きくなってしまうのです。

◯新規でクレジットカードやローンサービスがしばらく利用不可能になる。

債務整理をするということは、「返済能力」がもう無いということを表しています。

クレジット会社やローン会社は返済能力が無い方を審査で通過させてくれないのです。

つまり、債務整理をしてしまえば新規でクレジットカードの作成やローンサービスを利用することが不可能になってしまいます。

◯配偶者や家族に影響を与える場合も。

基本的に、配偶者や家族の一人が債務整理をしたとしても、他の人の返済能力が無いとはみなされません。

そのため、家族の他の人々がローンサービスを利用できなくなるということは無いのです。

ですが、例外もあり、例えば配偶者の収入を元にキャッシングを利用している専業主婦(主夫)の方は利用を継続できなくなります。

また、住宅ローンや自動車ローンも利用できなくなりますので、家族にも影響がないわけではありません。

以上のようにデメリットもありますし、配偶者や家族にも影響を与えてくることもありますので、債務整理を行う際には慎重な姿勢が求められます。

債務整理をしてしまえば、「返済能力がない」ということを周囲に公言することとなります。

そのため、ローンサービスやクレジットサービスが長期間利用できなくなってしまいますので不便になってしまうのです。

出来れば借金は債務整理することなく返済したほうがよろしいでしょう。

返済の負担が重くて大変という方はおまとめ・借り換えローンを利用すれば借金の負担を軽減することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』といった高額ローンが可能で、低金利で利用できる銀行でおまとめ・借り換えをすれば返済の負担を大幅に軽減することが可能です。

債務整理することなく借金が返済できればそれに越したことはないので、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でおまとめ・借り換えをしましょう。

banquic-btn

imasia_10961429_XL

債務整理後ローンは組めるのでしょうか?債務整理後の審査は通らないのですか?


先ほども説明しましたように、債務整理をしてしまうとローンが組めなくなってしまいます。

何故かというと、ローン会社は信用情報機関で皆様の借入状況などを共有しているのです。

債務整理をしてしまった履歴は信用情報機関に履歴として残り、10年程度その履歴は消えません。

これ以上返済することができないために債務整理をするのですから「債務整理をする=返済能力がない」となります。

返済能力が無い人物にお金を貸してしまっては大切な商品であるお金が返済してもらえないため、ローン会社としても審査に通過させるわけにはいかないのです。

今後もローンを組む予定があるという方は、おまとめ・借り換えローンで借金を一本化し、返済していきましょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はおまとめ・借り換えローンが利用できる銀行として人気が高い銀行です。

banquic-btn

まず、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は金利が年4.6%〜14.6%となっており、借金の利息負担を軽減できますので、月々の返済負担も軽くなります。

また、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は金利が低いので、複数のキャッシングをまとめることに適しているのです。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のおまとめ・借り換えローンを利用すれば複数あった返済日も1日にまとまり、返済しやすくなります。

このように、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のおまとめ・借り換えローンを利用するとあらゆる点で返済の負担が減るのです。

何より、きちんと完済してしまえば今後もローンを継続して利用できるという点で、債務整理よりおまとめ・借り換えローンの利用がオススメです。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は提携ATMでの返済手数料もかからないため、完済しやすい銀行ですので、ぜひ完済を目指しておまとめ・借り換えローンを利用しましょう。

banquic-btn

imasia_10957952_XL

もしかすると、債務整理よりも借金返済して完済した方が良い場合も


債務整理とおまとめ・借り換えローンを利用しての借金返済のどちらがいいか、これは一概には説明しづらいところです。

債務整理をすれば無理なく返済していけるように改善することができます。

それはおまとめ・借り換えローンにおいても同様で、無理なく返済できるようになるのです。

債務整理とおまとめ・借り換えローンの最大の違いは、履歴に残るか否かという点です。

債務整理をすればその情報は履歴として残ってしまい、今後のローンやクレジット利用に悪影響を与えてしまいます。

一方、おまとめ・借り換えローンを利用して借金を完済してしまえば、そうした履歴は残りませんので、今後もローンやクレジットサービスが継続して利用可能です。

現代社会において、ローンやクレジットサービスが利用できないというのは様々な場面で弊害となってしまいます。

今ではインターネットショッピングの支払いはクレジットサービスが主流となってきましたので、そういったサービスも利用できないことになってしまうのです。

そうした点も考慮に入れますと、やはり借金を完済したほうがよろしいでしょう。

ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のおまとめ・借り換えローンを利用して返済していきましょう。

banquic-btn

imasia_10952071_XL

おまとめローン・借り換えローンの審査に通らない人の特徴は?


上記の説明を読んで、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でおまとめ・借り換えローンのご利用を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

最後に、おまとめ・借り換えローンの利用を検討している方に、審査に通過するためのポイントを解説します。

おまとめ・借り換えローンというのは高額キャッシングになりますので、返済能力が無い方は審査に通過できません。

そのため、他社で返済の延滞を繰り返している方は審査に通過できないのです。

ですが、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は返済をしっかりと行っている方の利用は認めています。

以上のことから、返済をきちんと行っている段階で申し込むのがオススメとなっております。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でおまとめ・借り換えすれば返済の負担が軽くなり、完済することも可能となってきますので、ぜひお申込みください。

banquic-btn

imasia_10933597_XL




※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※プロミスの場合、お客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合、各種書類提出等の代替手段のご相談が可能です。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時もあります)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※モビットの借入は、安定した収入があることが条件です。

 

おまとめローン・借り換えローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る