みずほ銀行カードローン審査口コミ、アルバイトも借りれたって本当?

金融機関でお金を借りるにあたって気になるのは、

「審査は甘いのか、厳しいのか。」
「実際のところ、口コミ評価はどうなんだろう。」

といったことではないでしょうか。

日本のメガバンクのひとつであるみずほ銀行が提供しているのは、

みずほ銀行カードローン

その審査に関する情報を中心に、徹底解説していきます。



【スペック表】


金利
年2.0%~14.0%
利用可能額
10万円~800万円
融資スピード
最短翌日以降
在籍確認
会社への電話連絡

みずほ銀行カードローンの申し込み資格

申し込み資格 みずほ銀行カードローンに申し込むことができるのは、以下に当てはまる人です。
・年齢が満20歳~満66歳未満であること
・安定した収入があること
(派遣社員、契約社員、アルバイト、パート、自営業などでも可)
申し込み後には、みずほ銀行の保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)による審査を受けることになります。
審査に通過すれば、みずほ銀行カードローンを利用することができます。

みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの申し込み方法


まず、みずほ銀行カードローンには以下の2種類があります。
・キャッシュカード兼用型
キャッシュカードとしての機能とカードローン機能をあわせ持っています。
提携金融機関のATMとゆうちょATMは使えませんが、申し込んでから融資に至るまでの時間は比較的早いです。
・カードローン専用型
その名のとおり、カードローンの機能のみのカードです。
提携金融機関のATM・ゆうちょATMが利用できますが、融資までには1週間ほど長くかかります。

なお、引き出したいだけのお金が口座に残っていなかった場合に不足した分を自動的に借り入れできる自動貸越機能サービスを利用できるのはキャッシュカード兼用型だけとなっています。

みずほ銀行カードローンへの申し込み方法としては、
・店頭窓口
・電話
・郵送
・インターネット
以上の4つがあります。

このなかで最も手軽なのはインターネットから申し込む方法でしょう。
公式サイトから24時間受付しているので、時間や場所を選びません。

みずほ銀行の口座開設を済ませている人がネットからキャッシュカード兼用型を申し込む場合は「WEB完結申込」が可能で、希望限度額200万円以内なら書類の提出なしで手続きを進めることができます。

提出が必要な場合であっても書類の写真をネット経由で登録するだけなのでスピーディーです。

みずほ銀行の口座を持っているなら迷わず「ネットからキャッシュ兼用型を申し込む」のが良いと思います。

みずほ銀行カードローンの申し込みから契約までの流れ

次に、申し込んでから契約が成立するまでの流れについてまとめていきます。
なお、今回とりあげるのは、ネットから申し込んだ場合です。


【1.申し込み】

希望額や年収など、必要事項を入力します。
みずほ銀行の口座を持っていない場合は同時に開設することができ、その場合は書類の提出も必要です。

【2.仮審査】

保証会社オリコによる仮審査が行われます。
融資が可能かどうかの判断が下される、第一関門です。

【3.審査結果のメール回答】

結果が合格なら、本審査へ進めます。
「審査結果来ない、遅い!」という場合は審査落ちの可能性があるので、ネットで審査結果を確認しましょう。

【4.必要書類の登録と本審査】

みずほ銀行の口座を持っていて希望額が50万円以下なら、書類提出はスキップできます。
融資額の希望が通るかどうかが決まる、第二関門です。

【5.カードローン利用開始】

審査に通過し、すべての手続きが完了したら、カードが発行されて融資を受けることができます。


みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの必要書類

必要書類
申し込みに必要な書類は、基本的には本人確認書類のみです。
50万円を超える借入限度額を希望する場合は、追加で収入証明書の提出を求められることがあります。

本人確認書類の例としては以下のとおりです。
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・マイナンバーカード
・住民票
・住民基本台帳カード
・印鑑証明書
・運転経歴証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
・身体障害者手帳
これらの書類のうち1点をコピーして提出してください。
(原則としては運転免許証)

収入証明書の例としては以下のとおりです。
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・課税証明書
・納税証明書
これらの書類のうち1点の最新のものをコピーして提出してください。

繰り返しになりますが、「50万円以下の希望限度額」「WEB完結申込」にすればいずれの書類も必要ないので、スピーディーに手続きできます。

みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの審査

審査について 申し込み条件や申し込み方法、必要書類がわかったところで、ここからは本丸である「審査」の話題に移りましょう。

みずほ銀行カードローンの審査は「仮審査」と「本審査」に分かれています。

仮審査では、審査の合否の決定をコンピューターの点数化に基づいて簡略化したスコアリングという方法がとられます。
実際の業務はみずほ銀行カードローンの保証会社であるオリコが担当していて、返済能力が十分か、信用情報に問題がないかなどを確認します。
在籍確認もオリコによって行われ、個人名による電話連絡があります。

本審査は、仮審査のあとに行われる手続きです。
ここまでくれば融資そのものは受けられる可能性が高く、具体的な融資額を判断するための審査となっています。
フォームに入力した内容や提出された書類を慎重に確認していくので、多くの時間が割かれます。
誤った情報や書類の不備があると通過できないこともあるので、油断は禁物です。

みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの審査時間(日数)

カードローンを利用する場面においては、急を要することも多いはずです。

カードローンを利用するにしても、手元にお金を用意するのにどれぐらいかかるかというのは気になるところではないでしょうか。

銀行は、消費者金融よりも慎重に丁寧に手続きを行うので、即日でというわけにはいきません。
みずほ銀行カードローンの場合は通常、仮審査には営業日3日間ほど、本審査も含めると2週間ほどかかることが多いとされています。

早くお金が必要で審査時間(日数)を減らしたいなら、仮審査だけで済むWEB完結申込を利用するとよいでしょう。

融資にさらなるスピードを求める人は、消費者金融カードローンの利用を考えてみてもよいかもしれません。
消費者金融なら銀行より審査のスピードが早いので、即日融資も可能です。

みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの在籍確認

みずほ銀行カードローンの在籍確認も通常、オリコが担当します。
WEB完結を利用したとしても、在籍確認なしということはありません。

在籍確認は勤務先への電話連絡という方法で行われ、オリコの社員が「個人名」で電話をかけてきます。
「みずほ銀行」と名乗ったという口コミ情報がありましたが、「オリコ」や「カードローン」というワードが使われることはありません。

みずほ銀行はメガバンクであり、扱っている商品も多いです。
なので、みずほ銀行からの電話というだけでカードローンの在籍確認だとバレることはないでしょう。

もし本人が電話に出られなくても、
「〇〇はただいま席をはずしております。」
というように在籍確認さえとれれば問題なく完了するので安心してください。

みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの審査基準と難易度


みずほ銀行カードローンのことを調べていると、

「みずほ銀行カードローンの審査は甘い?」とか、
「そもそも銀行カードローンは審査が厳しい」とか、
口コミ情報、2ch(現在は5ch)での評判を気にしている人も多いようです。

たしかに銀行の審査は、消費者金融の審査より厳しいとされています。
少なくとも審査が甘いということはありません。

とはいえ、あまりに厳しく審査していては利用者が増えず、利益を得ることができなくなってしまいます。

審査に通過できなかった人を傾向を参考に、審査基準をクリアできるように意識すれば、審査に通過することは難しくないでしょう。

事実、勤続年数を重ねたり、希望限度額を抑えたりすることで、

「年収が300万円に達していない人」
「アルバイトやパートなど、属性が強くない人」

であっても、みずほ銀行カードローンの審査に通った例はたくさんあるのです。

逆に、みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまう人には以下のような傾向があります。
・複数のカードローンに申し込んでいる人
・多重債務者
・虚偽の情報を伝えている人
・ブラック状態の人

これらに当てはまる人が審査落ちとなりやすい理由を説明するので、少しでも審査に落ちる可能性を減らすための参考にしてください。

複数のカードローンに申し込んでいる人このような人は、審査をする側に「相当お金に困っているんじゃないか」というマイナスの印象を与えてしまいます。
受験のすべり止め感覚で他社のカードローンにも申し込んでしまうと、それらがお互いの足を引っ張りあって両方審査落ち、ということになりかねません。申し込みの履歴が残ってしまうリスクも加味すると、複数のカードローンに同時に申し込むのは避けたほうがよいでしょう。
多重債務者このような人は、単純に「返済能力」という点で信用されないので、ほぼ確実に審査落ちとなるでしょう。
虚偽の情報を伝えている人あなたが嘘つきにお金を貸せるか考えれば、これは当然のことと言えるでしょう。
年齢や収入をごまかしたり、必要以上のお金を借りようとしたりすると信用を得られず、疑念を抱かれてしまいます。
たとえ自分のステータスに自信がなかったとしても正直に、誠意をもって対応しましょう。
仮にうまく嘘をついてお金を借りることができたとしても、バレれば詐欺罪に問われる可能性すらあります。
ですから、絶対に虚偽の申告はしないようにしてください。
ブラック状態の人日本国内には3社の個人信用情報機関があり、金融機関はこのうちの複数、少なくとも1社には加盟・登録しています。
個人信用情報機関に照会をかけることで個人の信用情報を確認することができ、これが審査においての重要な判断材料となるわけです。信用情報を見れば、
「過去に借金の返済で長期の滞納をしていないか」とか、
「自己破産の申請をしていないか」とか、
過去の金融情報を確認することができます。過去に問題を起こしていると、その人の個人情報はブラックリスト登録されてしまう可能性があります。
このいわゆる「ブラック」の状態だと、審査にかかる時間や限度額に影響を及ぼしたり、審査落ちの確率を高めてしまったりということに繋がります。

みずほ銀行カードローンの目次へ

みずほ銀行カードローンの口コミ評判

口コミ 最後に、みずほ銀行カードローンの審査を受けたことがある人の口コミを紹介します。
みずほ銀行カードローンを利用するかどうか、実際の声を参考に、慎重に検討してみてください。

審査に通った人の口コミ

口コミ
金利がお得だし、バイトでも申し込めるということだったので挑戦しました。みずほ銀行の口座を持っていたこともあり、少しでも早く借りたくて、WEB完結申込をしました。借りたいお金はそんなに高額じゃなかったので、特に書類も必要なく、おかげでお金が間に合いました。(20代後半・女性)
口コミ
ネット申し込みをしたらすぐにオリコから電話。後日、みずほ銀行から電話がきて融資可能と言われた。(40代前半・男性)
口コミ
だめもとでトライしました。その結果、30万円を14%で合格できました。しっかり慎重に使います。(20代後半・女性)
口コミ
現在は年収550万円で、他からの借り入れはなし。大手の他社はなかなか審査が通過できなかったですが、みずほで50万円可決。口座を新規開設したのでそのぶん時間がかかったものの、支店の対応も良く、満足でした。枠を増額したいのでちゃんと返していきます!(40代前半・男性)
口コミ
WEB完結が使えるから、みずほ銀行に口座がある人は便利かな。(20代後半・男性)
口コミ
最初は審査が遅いイメージを持っていましたが、実際は予想より早かったです。ウエブで手続きできて来店免除となったので嬉しかったです(40代前半・女性)
審査に落ちた人の口コミ

口コミ
あっさり審査落ちでした。勤務先の報酬や福利厚生は上場企業とそん色ないし、みずほ銀行で住宅ローン組んで持ち家でもあるのに。考えられるとすれば転職後なので、勤続1年以内がネックなのかなと。メガバンクなんてこんなものか。(30代前半・男性)
口コミ
ローン審査に挑みましたが、落ちた人には何の連絡もないです。つまり、落ちた人には無視。後輩もこの前、入社してすぐに申し込んだ時の対応がそんな感じだったと言っていたのでビックリしました。(20代後半・男性)
口コミ
5、6年前のしんどいときに3回ぐらい、クレジットカードの支払いを一月滞らせたことがあったけど、それが原因か?(30代前半・男性)
口コミ
勤続1年未満では落選率9割超えですね。銀行系はこれを念頭に置くべきと、今回痛感しました。(20代前半・男性)

みずほ銀行カードローンの目次へ

※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。
※プロミスの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※プロミスの30日間無利息キャッシングサービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※プロミスの当日振り込みは平日14時までにWEB契約完了が必要です。
※プロミスの瞬フリサービスをご利用した場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座の登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。
※プロミス自動契約機の営業時間は、9:00~22:00(一部21時もあります)
※モビットの即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です