住信SBIネット銀行カードローンの口コミ評判を解説!審査基準はどう?

※住信SBIネット銀行のカードローンの商品名は、「MR.カードローン(ミスターカードローン)」から「カードローン」となりました。
この記事では、「住信SBIネット銀行カードローン」との表記で進めていきます。

住信SBIネット銀行カードローンの審査の口コミや評判

住信SBIネット銀行カードローンは、その金利の低さでかなりの注目を集めている銀行カードローン。

インターネット銀行のカードローンのため、低金利を実現することができています。

スタンダードコースとプレミアムコース、2つのコースがあり、多くの人があてはまるのは前者のスタンダードコースとなるでしょう。
その場合、金利は年8.99%〜14.79%となっており、これは消費者金融より低い金利です。

そして、いくつかの条件を満たしているとプレミアムコースとなり、年2.49%〜7.99%と非常に低い金利で利用することもできます。

ただスタンダードコースかプレミアムコースかを選ぶのは住信SBIネット銀行側です。プレミアムの審査基準はかなり厳しいものとなります。

また、住信SBIネット銀行カードローンは金利の引き下げも可能なのですが、それには住宅ローンを利用したり、SBI証券会社の口座保有登録をしておかなければならないなどの条件を満たす必要があります。

そのため、多くの方はスタンダードコースのご利用になるかと思われますが、それでも銀行カードローンとして金利が低くなっています。

住信SBIネット銀行カードローンを利用するには、同行の口座を持っている必要があります。
カードローンと口座開設の同時申し込みは可能ですが、その場合は審査時間および融資までの時間が長くなるので注意しましょう。

どちらかといえばすでに住信SBIネット銀行を利用している方向けのサービスが充実しているカードローンと言えるかもしれません。

そのため、初めてキャッシングするといった方は、ひとます敷居の低い他のキャッシング会社を利用するのも、ひとつの手かもしれません。

たとえば消費者金融アコムは最短1時間で利用できる会社ですので、お金に急いでいるという方はアコムに申し込んだ方がよろしいかと思われます。

利用者の数も、大手の消費者金融の中でトップを走っており、安心して利用することができるかと思います。

アコム申し込みボタン

住信SBIネット銀行カードローンは金利が低い分、審査が厳しいという口コミが多くなっています。

スタンダードコースを利用するのでもかなり審査は厳しく、プレミアムコースの審査になるとかなり厳しいと口コミでも言われています。

実際のところ、銀行カードローンは審査が厳し目であるというのが一般的。
住信SBIネット銀行カードローンもその例に漏れないのです。

そのため審査に不安がある人に関しても、まずはアルバイト、パート、派遣社員といった方も多く審査通過している大手の消費者金融から始めるべきかもしれませんね。

アコムやプロミスでは、正社員じゃなくても安定した収入があれば審査に通過できるという口コミも多くなっています。

事実、審査基準と利用条件を満たしている方でしたら審査に通過できる可能性が高くなっています。

利用者最多のアコムは、利用条件を満たしている方でしたら幅広い属性の申し込みを受け付けてくれますので、融資を必要としているならいちど利用を検討してみてください。

アコム申し込みボタン

住信SBIネット銀行カードローンの審査基準は厳しい?

先ほど、住信SBIネット銀行カードローンの審査の口コミは厳しいという口コミが多いと説明しました。

実際のところ、住信SBIネット銀行カードローンは金利が低い銀行カードローン。
その金利の低さは審査基準を引き上げますので、審査基準は厳しいといえるでしょう。

やはり、低金利な銀行カードローンに申し込むのでしたら収入の安定性だけでなく金額も必要になってきます。

その点、消費者金融は金額の大きさよりも、利用条件である「安定した収入」を確保していれば、キャッシング審査においてはかなり有利になります。

さらに、小額なキャッシング枠でしたら収入の金額自体が低かったとしても、安定性が保たれていれば審査に通過できる可能性は十分見込めます。

こちらをご覧の方の多くは、とりあえず1万円台でもいいから現金がすぐに借りたいという方が多いと思われます。

そういった方でしたら初期のキャッシング枠は低くても問題ないかと思われますので、収入を安定させてアコムのような消費者金融に申し込んでみてはいかがでしょうか?

キャッシングの利用に慣れ、収入が増えてきたころに改めて、住信SBIネット銀行カードローンのような銀行カードローンに鞍替えする人は少なくありません。

金利も大切だが、まずは審査に通って利用できないと意味がない、という結論に至った人は、たとえば利用者最多のアコムなどを検討しているのがよいかと思います。

アコム申し込みボタン

また、どうしても銀行カードローンにこだわりたいという人には、住信SBIネット銀行カードローンのほかに、バンクイックなどもおすすめです。

金利が低く、なおかつ幅広い属性の利用者を受け付けている銀行といえば、日本最大のメガバンクである三菱UFJ銀行です。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは低金利で、安定した収入を得ていればアルバイト・パートといった職種の方も審査に通過できます。

バンクイックも年4.6%〜14.6%と低い金利設定となっており、住信SBIネット銀行カードローンのスタンダートコースより低い金利となります。

流石にプレミアムコースの金利には敵いませんが、住宅ローンなどを利用していなくても審査通過できますので、こちらの方が審査に通過できる可能性は高いです。

バンクイックは利用条件である「安定した収入の確保」ができているのでしたら、審査に通過できる可能性は十分見込めます。

そのため、アルバイト・パート・派遣社員といった属性でも、収入を安定させていればバンクイックの審査に通過できるのです。

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は低金利で、知名度、人気ともにトップクラスの銀行カードローンとなっているので、こちらの利用も検討してみてください。

バンクイック申し込みボタン

住信SBIネット銀行カードローンの審査時間

住信SBIネット銀行カードローンは金利の低い銀行カードローンですので、審査を慎重に行う傾向にあります。

仮審査と本審査に分けて慎重に審査をしており、審査時間(期間・日数)が長くなることも否めません。

金利が低いためぜひとも利用したいのですが、時間がかかってしまうとキャッシングのタイミングを逃してしまうこともあります。

キャッシングをお急ぎの方は、インターネット申込みだと審査時間が最短30分で完了するアコムへのお申し込みをご検討することお勧めします。

アコムはインターネットで申し込みますと、審査に必要な書類なども全てインターネット提出ですので、数分で提出することが可能です。

審査に必要な書類も50万円以下の借入でしたら収入証明書はいらず、本人確認書類のみの提出となります。
ただし、以下の場合も、収入証明書類の写しを提出する必要があるので注意してください。
・アコム利用限度額とほかの貸金業者からの借入の合計が100万円以下の場合
・既に提出済みの収入証明書が3年以内の場合

その本人確認書類もスマートフォンアプリなどで数分で提出できるため、審査もスムーズに始まるのです。

そのおかげもあり、アコムの審査時間は最短30分と非常に短いため、最短1時間で審査も含めた契約手続きが全て完了します。

キャッシングを急いでいる方にとって、最短1時間で利用できるというスピード性は嬉しいので、ぜひお申し込みをご検討ください。

acom-btn

住信SBIネット銀行カードローンの審査は会社に電話確認をする?

銀行や消費者金融にキャッシングを申し込むにあたって、最も気になるのは審査の際の電話連絡ではないでしょうか。

銀行・消費者金融は審査の際に在籍確認という確認作業を行うのですが、この確認をするときに職場に電話連絡を行います。

そのため、審査の際にキャッシング会社から電話連絡が入るため、キャッシング利用がバレるのではと不安を感じている方も多いと思われます。

住信SBIネット銀行カードローンも例外ではなく、皆様が勤めている会社に電話連絡することで在籍確認をしています。

その電話連絡で職場に住信SBIネット銀行カードローンの利用がバレることはほとんど無いのですが、それでも不安をお持ちの方は多いでしょう。

そういった不安をお持ちの方には、WEB完結申込みがある消費者金融SMBCモビットがオススメとなっております。

SMBCモビットのWEB完結申込みは全ての手続きがWEB操作で完結しますので、スマートフォン・PCの作業のみで手続きが完了します。

そして、審査も含め、キャッシングの手続きの中で皆様の職場や自宅に電話連絡・郵送物を一切行わないのです。

SMBCモビットの場合、WEB完結申込みなら職場に電話連絡が入るということは一切ありません。

電話連絡・郵送物がなければ職場の人々や家族にキャッシング利用をしていることが一切バレることはありません。

キャッシング利用がバレることが不安で住信SBIネット銀行ミスターカードローンの申し込みを躊躇っている方はぜひSMBCモビットへのお申し込みをご検討ください。

mobit-btn

住信SBIネット銀行カードローンの申込みに必要な書類

住信SBIネット銀行の口座を持っていて、借入希望額が300万円以下ということでしたら書類は特に必要ありません。

しかしながら、住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合は申し込みをする前に口座を開設する必要があります。

その口座開設をする際には本人確認書類の提出が必要となります。

このように、住信SBIネット銀行をすでに利用している方でしたら書類不要ですぐに申し込みが可能となるのです。

しかしながら、口座を持っていない方は今から口座開設の手続きも必要となるので少し時間がかかってしまいます。

先ほども紹介した消費者金融アコムやSMBCモビットでしたら書類提出も簡単ですので、すぐに提出し審査を受けることが可能です。

本人確認書類といっても免許証などをスマートフォンアプリなどで撮影して提出するだけですので、提出は数分で完了します。

そのため、書類提出といっても全く手間も時間もかかりません、数分の作業だけで審査が開始されます。

そしてその審査も安定した収入があると認められれば最短30分で完了するという速さを持っていますので、すぐに完了します。

キャッシングを早く利用したいという方は、スピードを強みとしている「消費者金融」の利用を考えてみましょう。

住信SBIネット銀行カードローンの審査結果連絡の通知は遅い?早い?

これは上記でも説明したのですが、住信SBIネット銀行カードローンは金利の低い反面、審査が厳しく慎重に行われています。

審査では利用者をプレミアム・スタンダードどちらにするかという点も決めているようですので、時間が長くなりがちです。

また、金利の引き下げをするのでしたら条件が満たせているかという点の審査時間もありますので、より長くなるでしょう。

以上のことから住信SBIネット銀行カードローンの審査結果連絡通知は遅くなってしまうことが考えられます。

どちらかといえばスピードキャッシングよりも金利の低さを強めている会社ですので、仕方ないのです。

WEB完結申込みのあるSMBCモビットでしたら、審査結果連絡の通知も早くなっています。

SMBCモビットは審査に必要な書類も全てWEB操作による提出となりますので、すぐに審査が開始されます。

そして、審査も安定した収入が確保できている方でしたら最短30分で完了します。

そのため、審査もすぐに完了しますので、即日キャッシングをご利用しやすくなっています。

SMBCモビットは審査結果連絡もWEBメールなどで通知してきますので、すぐにキャッシング審査の結果を知ることができます。

審査結果が早く通知されてくるSMBCモビットのご利用もぜひご検討ください。

mobit-btn

住信SBIネット銀行カードローンの審査に落ちた、通らないという方は

住信SBIネット銀行カードローンの審査に落ちてしまったという方もいらっしゃるかと思われます。

やはり金利の低い銀行カードローンですので、審査に落ちてしまうこともあります。

住信SBIネット銀行カードローンの審査に落ちてしまっても、他のキャッシング会社の審査でしたら通過できる可能性はあります。

ここまで紹介しているアコムやSMBCモビットでしたら収入の金額が低くても、ある程度の安定性が保たれていれば審査に通過できる可能性は十分見込めます。

両社共に1万円〜ご利用になれるため、小口のキャッシング枠を設定できる可能性があります。

アルバイト・パート・派遣社員などといった職種の方も多く利用している会社ですので、ぜひアコムとSMBCモビットのご利用もご検討ください。

acom-btn mobit-btn

【アコム】
※最大30日間の無利息キャッシングはアコムでの借入が初めての方のみ対象
※自動契約機(むじんくん)は年末年始を除き年中無休
【プロミス】
※SMBCコンシューマーファイナンスのブランド名
※30日間無利息サービスを利用できるのは、初めての利用かつメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をした人
※即日融資(当日振込)は平日14時までのWEB契約完了が必要。申込の曜日、時間帯によって翌日以降の取扱になる場合あり
※瞬フリサービスでは三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を登録すれば24時間最短10秒で振込み可能
※自動契約機の営業時間は9時~22時(一部21時まで)
【SMBCモビット】
※即日融資、振込キャッシング、審査回答最短30分以内については、申込の曜日、時間帯により翌日以降になる場合あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です